引きこもりは認知症になる?



義母は言う。

「ボケたくないから若い人と話したいのよ」

私を家に呼ぶ口実もあるだろうが、義母は何かというと、「ボケたくない」と繰り返す。

近所や知人の同年代の中で、認知症を患う人が増えてきたらしい。

先日も近所の方が脳梗塞になり、認知障害が残ってしまったと言う。
義母が会って話してみても、一見分からないぐらい軽度なものらしいが、以前は一人暮らしだったその女性は、今は家族と同居しているらしい。

「一人で放っておくと良くないんですって」
「家族が規則正しい生活に誘導してあげる事が必要らしいわ」

義母はそう言い、「怖いわね、ボケたくないわ」とまた繰り返した。

私も聞いていてゾッとした。
自分が認知症になる事よりも、その家族になる事の大変さを想像する。

確かにその近所の人のように、軽度の痴呆であれば施設などに入るのは難しいのかもしれない。義母から聞くところによると、介護認定してもらったが要介護もつかず、要支援1だったそうだ。







だが一人暮らしで放っておくのは心配な状態。
そして必然的に同居となる……。

そんな事を想像していると、私も義母には絶対に認知症になって欲しくないと思った。


その一方、自分はどうだろう。

以前実家の母から、「引きこもっていると認知症になるわよ」と言われた事がある。

その後テレビか何かでも、

家に引きこもり緊張感のない生活をしていると認知症になる

と言われているのを見た。

さらにネットで調べると、協調性がない、頑固者、神経質な人が認知症になりやすく、またある説では鬱病患者は認知症になりやすいとあった。

まさに私だ。

私が認知症になれば夫に迷惑がかかる。
もしその時夫がいなければどうなるのだろう。

誰にも迷惑をかけたくない。
そう思うが反面、自分自身の事が分からなくなり、この神経質さが無くなれば楽になれるのだろうか……と思う自分もいる。







***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***


関連記事
Posted byころり

スポンサーリンク


よく読まれている記事