始まりは視線



その日の心療内科は混んでいた。
待合室には患者がいっぱいで、皆が身を小さくしながら座っている。

ベンチ椅子なら空いたスペースがあったが、私は誰かと肩が触れる距離で座るのが苦手な為、その場を離れた。

まだまだ自分の順番が来る事はない。

私は少し離れた休憩スペースに座り、自動販売機で買ったウーロン茶を飲んでいた。

しばらくして、斜め前に座っていた女性と目が合った。

普通なら咄嗟に目を逸らす。
特に心療内科に来ている人達は目を合わせるような事はなく、もし合ってしまってもすぐ逸らす。皆静かに俯いているのが常だ。

だがこの女性は違った。

ニッコリ。

え?
私は目を逸らす事が出来ず、慌てて自分も微笑み返した。きっと顔が引きつりぎこちない表情になっていたと思うが。

その後私はすぐに手元のスマホに視線を移した。
スマホに集中するフリをする。







しかし……
しばらくしてまた顔を上げると、またその女性と目が合った!

え?また?
この人、もしかして私の事見ていた?
それともただの偶然か。自意識過剰だろうか。

すると先程は「ニッコリ」で終わったその女性が、今後は会釈をしてきた。
私は戸惑いつつ、会釈を返した。
と、次の瞬間、彼女はヒョイっと腰を浮かし、私の隣に座ったのだ。

嘘ーっ、何なの。

「今日は混んでいますね」

面倒な人だったらどうしよう……最初はそう思ったが、彼女の声が予想外に優しく穏やかだった為、私の警戒心が徐々に緩んでいくのを感じた。

「そうですね」

「長くこの病院に通われているのですか?」

「はい、何年か…あなたも?」

そんな風に彼女との会話が始まった。

――続きます。






***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***


関連記事
Posted byころり

スポンサーリンク


よく読まれている記事