義母に見つめられ



朝から義母がタクシーでやって来た。

先日、私は義父母の家で体調を崩し、あの日は義母との外出も中止し、夕方になってから帰宅した。(→お岩さんの日

その後連絡もなかったので、義父母がどう思っているのか気になっていた。
こちらから連絡しなければまた義母がうちに来るのではないか…そんな予感がしていたが、朝インターホンが鳴った瞬間、「やっぱり…」と肩を落とした。

「どう?ころりさん、お父さんも心配していたのよ」

そう言いながら義母はスーパーの袋を抱えてリビングに入って来た。

「はい、これ好きでしょ?」

そう言いながら渡されたのは、イチゴ。







一応私の好物を分かってくれているのだ。
そう思うとほんの少し気持ちが和んだ。

「美味しそう。ありがとうございます」

と私が言うと、「ほら、そこに座って食べなさいよ」と義母が言った。

折角なので食べている姿を見せた方がいいかと思い、「じゃあ、ちょっと洗って…」と、私はキッチンでイチゴを洗おうとした。

すると義母が、

「洗っちゃダメよ!味が落ちるから!」と言う。

え?そうなの?でも……農薬や汚れが気になるが…。

そう私が言っても義母は、「最近の若い子は知らない事が多いわね」と言い、イチゴは洗ってはいけません!と言い切った。

ど、どうすれば…。
戸惑ったものの、仕方がない。義母の目がこちらを見つめている。
私はパックを開け、洗わず、ヘタも取らず、そのままかぶりついた。

義母は満足そうに笑っていた。
大好きなイチゴなのにそんな事に気を取られ、美味しかったのかどうか…覚えていない。






***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***


関連記事
Posted byころり

スポンサーリンク


よく読まれている記事