やめられない義理チョコ





スマホが鳴った。

見ると意外な人からの電話。
それはパート先の酒家さんだった。

私は以前から彼女が苦手だ。

今まで私と酒家さんは、パート先での勤務形態が似ているからと言い、何かと一緒にされる事が多かった。
一つの部屋で二人きりで働いていた時期もある。

その為関わる事も多かったが、今では彼女は契約社員となり、私の方は以前より会社に行く日が減った。これで関わる事はほとんど無くなると期待していたのに。


電話に出ると酒家さんは、

「ころりさん?バレンタインデーの事だけど」と、その事を相談したいと言い出した。


相談も何も……。

実は私、今年のチョコは知らぬフリを通そうかと思っていた。

今まで週に2日勤務だった時でも迷っていたほどなのに、今では上司の言葉に甘え、用事が無くても在宅で仕事をさせてもらう事が多い。その為週に1日も行くか行かないかの状態であり、気持ちはすっかりよそ者。

こうなった今、バレンタインデーはスルーさせてもらおう。
14日に出勤しないし……と一人で思っていた。

だが酒家さんは渡すのが当然と言う口ぶりで、

「今年はころりさんと一緒に渡そうかと思ってるの」と言う。







その「一緒に」という言葉も意外だった。

昨年は何を思ってか私に、「チョコで競争しよう」と言い出した酒家さん。(→チョコで競争

そんな彼女が今年はまた「一緒に」と言っている。本当に気紛れだ。


私は、今年は渡さない方向で考えていたと彼女に伝えた。

すると彼女は、

「それは絶対ダメよ!今まで渡していたのに急に渡さなくなるのは失礼よ!出勤日数の問題じゃないわ」と力説した。

そこまで言われるとそんな気もする。

結局今年もそういうイベントに関わらなくてはいけないのか……面倒。


と思ったが仕方なく彼女に同意すると、彼女は

「ころりさんは時間があるでしょう?今年は任せていいかな?」と言う。


え?それを頼む為の電話だったの?

「後でお金は渡すから。お願い!子供の用事と仕事で忙しくて」

そう言われて何も言えなくなった。


今年もまたあの女性が群がるチョコ売り場に行かねばならない。







***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***



関連記事
Posted byころり


スポンサーリンク
スポンサーリンク


よく読まれている記事