優しい心に包まれたい



今日も落ち込みが酷い。
切り替えが出来ない。

昨夜も眠れず食欲もない。ただ喉が渇き水を飲んでばかり。

母に言われた事が頭の中でグルグル回り、その記憶を取り出して捨ててしまおうと思うがなかなか消えない。

毎日親以外の人とほとんど会話せず、愚痴る相手もいないからこうなるのか。

朝から悶々とした気分でいると、電話がかかってきた。
今後は義母からだった。

まるで実母と義母の二人が、私の両腕を引っ張り合い取り合いをされているような気分になる。振りほどき逃げ出したい。

「ころりさん、今日は来られる?」

電話に出ると陽気な義母の声が聞こえた。

「……すみません、今日はちょっと用があって」

咄嗟に嘘が出た。
今日は自分の事で精一杯で、義母の前で普通の顔をして接する自信がなかった。







「用って何?どこに行くの?何時に終わるの?」

義母はすぐに引いてくれない。私の行動を把握しようとする。

「今日は少し遅くなると思いますので……すみません無理です!」

自分の心が悲鳴を上げ、いつもより強い口調になった。
義母の機嫌を損ねただろうか?悲鳴を上げた心がまだそんな事を気にしてしまう。

だが義母は負けていない。

「遅くなっても大丈夫よ。今日は来て欲しいの。何時でもいいわ。待ってるから」

「明日行きますから。本当に今日は無理です。すみません」

「来て欲しいって言ってるのよ?ちょっと顔を見せるぐらい出来ないの?」


――なんだか何もかもが嫌になる。

どうして皆自分の主張を押し付けるのだろう。
私は何の為に生きているのだろう。

これから先の人生は親の為に過ごすだけなのか。
どこまで親の希望通りにすれば許してもらえるのか。

優しい心に包まれたい。





***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***


関連記事
Posted byころり

スポンサーリンク


よく読まれている記事