嫁と同じ場所に




「あらぁ、サッパリしたわね」

私の顔を見るなり義母が言った。
久々に髪をかなりカットしたので、誰が見ても変化に気付く。

「いいわねぇ、若い人は。色々な髪型が出来て」

義母は羨ましそうに私の頭を眺めた。

義母は特別お洒落な人ではないが、年寄扱いされるのを嫌う。

介護の話になると、「私ももう歳だからお世話してね」と、年寄だとアピールするのに、こういったファッションや美容の話になると、「年寄の行く店は嫌い」と言う。よく分からない。

「私も美容院に行こうかしら」

義母が言い始めた。嫌な予感。

私が何も答えずにいると義母に、

「ころりさん、どこの美容院に行っているの?」と聞かれた。









私が「少し遠いところ」と曖昧に濁すと、

「私もころりさんと同じところに行こうかしらね」と言い始めた。

……どうしていつもこうなるのだ?
私の実母も全く同じタイプだが、この年代は他人の生活に首を突っ込むのが普通なのか?なぜいつも、「私も一緒に」となるのだろう。

「ころりさん、その美容院に連れて行って下さいよ」

あぁ、嫌だ。
連れて行くのが面倒な訳ではない。
私の世界に入って来られるのが嫌なのだ。

「お義母さんはいつもの美容院の方がいいですよ。近いですし」

そう言ったが、「私、ころりさんの行ってる美容室に行ってみたいの」と、諦める気配がない。

重い。
義母には娘もいるのに、どうして嫁にすり寄ってくるのだろう。
一定の距離を保つのが難しい。






関連記事
Posted byころり
ブログ村・ランキング

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へにほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



よく読まれている記事