どす黒い言葉



雨の音が激しい。
窓に激しく打ちつけるその様子は、今日の私の心を表しているかのようだ。

昨夜、完全な不眠に陥った。
全く眠れない。
心がザワつき、イライラし、そのうち吐き気までしてきた。

自分の心の持って行き場が分からず、頭をカラッポにしようと頑張るのに、気付けば頭の中は文字だらけ。
頭に浮かぶ様々な言葉でいっぱいになり、頭から溢れ出しそうな感覚だった。

堪りかねて起き上がり、リビングに行って時計を見ると午前3時半。

起き上れば少しは落ち着く。
また横になればあの圧迫感に苦しむのかと思うと、ベッドに戻る気分になれない。

私はパソコンをつけ、しばらくネットサーフィンをしていた。
別の事に意識を持って行くのはいい。
ほんの少しの間、頭の中にあったどす黒い言葉がどこかに消えたような気がした。

しばらくすると寒くなり、またベッドに戻る。
だがやはり眠ろうとすると、再び黒い言葉で頭がいっぱいになる。


そうしているうちに夫が起床する時間になり、私は朦朧としながら起き上った。

「体調が悪いわ。吐き気がするし、全く眠れなかった」と夫にこぼすと、夫は

「それはストレス。また親の事を考え過ぎたんだろう」と言った。

そうだ。

私は昨日、一日早い母の日で、実家に行った。

たった一日だけの事。
前向きに、娘の義務。

そう何度も自分に言い聞かせたのに。
こんな風に眠れなくなるほど、私の心は支配されいてる。




**ご訪問ありがとうございました**
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へにほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ


関連記事
Posted byころり


よく読まれている記事