上手い嘘

近所付き合い
スポンサーリンク


インターホンが鳴った。

休日のインターホン、嫌な予感がした。誰だろう。

そっとインターホンの画面を確認すると、そこには近所の主婦が二人映っていた。

ますます嫌な予感。
自治会の事か?ゴミ掃除の事か?それとも……一瞬で様々な事を想像した。

居留守を使いたいところだが、近所の人達に居留守を使うのは難しい。
雨戸を開けたり洗濯物を干す姿、新聞を取る様子などを常に見られている。
本当に暇な主婦が多い。

玄関を開けると二人はイキイキとした表情と口調で言った。

「おはようございます!」

朝からテンションの違いに圧倒される。

だが彼女達の話はさらに気分を落ち込ませるものだった。

このGWを利用して、近所の皆でバーベキューをしようと言うのだ。
一軒の家が庭を提供すると言う。

聞いていると、既に参加する人はほぼ決まっているようで、全部で10世帯ぐらいらしい。

私の心は「嫌嫌」で埋まっていた。
どう断ろうか?そればかり考えていた。
断るならこの瞬間に断らねば。後では断れなくなる。

いつまで経っても子供が減らないこの地域。
子供が成長するとともに、進学や就職でそのうち子供がいなくなり、子有りと子無しの差がなくなると期待していたが、そんな事はない。20代の子はすぐにそのまた子供を作り、さらに離婚して実家に帰ってくる子の多い事!

結局は親子3世代となり、今まで以上に賑やかだ。
まだ幼児や小学生などの小さい子が数人いるだけで、地域はいっきに子供中心となる。





現在は子供が独立して家にいない親でも、子育て経験者。
なので他人の子供であっても、その子に興味がある様で、いつも近所の子供達に声をかけ、祖母世代、母世代、そして子供が一緒になって遊んでいる姿をよく見かける。

地域の交流が疎遠で……とよく聞くが、そんな場所に行きたい。心から。


私は予定している日を聞いて即座に言った。

「あ!すみません!その日は実家の親に頼まれた用事があって」

ただの「用事」だけではダメだ。
どんな用事?変更出来ない?と追及される。
先にこちらから理由まで言ってしまうのが綺麗に断る秘訣だと長年この場所に住んで学んだ。

「実家の家を修理するんだけど、その業者と打ち合わせする日なんですよ」

スラスラと口から嘘が出る。

「そう、残念だけど仕方ないわね」

二人はあっさり引いてくれた。
そもそも私などいない方が、皆に気を遣わせなくて良いに決まっている。

二人が去った後、背中が汗でビッショリなのに気付いた。
手を見ると小刻みに震えている。

何て事ないのに。
平気で嘘をつけたはずなのに。

この先も何度嘘を重ねないといけないのかと思うと憂鬱になった。





にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
**ご訪問ありがとうございました**

★こちらも更新中


関連記事