遠慮すれば?



「ころりさんも来て下さい!」

そう言われて私は曖昧に笑った。
パート先で飲み会があるらしい。

もちろん飲み会なんて苦手。
仕事以外の付き合いなんて避けたい。

おかしなものだ。

引きこもり、このまま誰とも関わらない人生になるのが怖くて始めたパートなのに、結局誰かに誘われれば逃げる事ばかり考える。

特に週に2日のパートなんて、よそ者の空気感がいつまでもあり、毎日長時間関わっている彼女達の中には入れない。入りたいとも思えない。

いつもの私なら、今回の飲み会もすぐに断っていた。
だが、その誘ってくれた社員が言ったのだ。

「ころりさんも同じチームなんだから、絶対来て下さい!」

私が最近関わっていた仕事にはチームがある。

この数か月、同じチームで一つの仕事をしてきた。
もちろん私はサポートレベル。
その仕事が先日無事終わったらしいのだ。

「らしい」と言うぐらい、私には他人事で、自分が仕事をしたという達成感も何もない。

だがこのチームには恵まれていた。
ほとんどが男性だが、気さくで話しやすかった。

今回はそのチームだけの飲み会らしく、なかなか断りづらい。


「どうです?来られそうですか?」

そう社員に確認され、私は思わず言った。

「では……参加させて頂きます」

「良かった!」

社員の嬉しそうな顔を見て、参加する事にして良かったと思った。内心は憂鬱だけど。


そして、その会話を向かいの席の酒家さんが聞いていた。

「ころりさん、無理しなくていいわよ」

社員が立ち去った後、そう酒家さんが言い始めた。

「え?」

「だから、ころりさんみたいな大人しい人が飲み会に行くと、場が盛り下がるでしょ?遠慮すれば?」

絶句。

心臓がドキドキした。どう答えれば?

傷ついた……というより怖かった。

「そうなのかな」

そんな間抜けな返事をするのが精一杯。私は涙目になりながら、仕事に集中するフリをした。




**ご訪問ありがとうございました**
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へにほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ


関連記事
Posted byころり


よく読まれている記事