決められない大人

スポンサーリンク


2階の汚部屋を掃除していたはずなのに、なぜか今はリビングの方が気になってきた。

よく見ると、どれもこれもボロボロだ。
ほとんどの家具が結婚当初から使い続けている物であり、配置もずっと同じ。
今流行りの北欧家具などのように脚のあるタイプは一つも無く、昔ながらのどっしりタイプ。動かす事など考えもしない。

家具の裏や目の届かない上の方など埃だらけだ。
ソファなんてファブリックの為、毛羽だった痛みが目立つ。
それも愛犬が時々ガリガリとソファで穴を掘るものだから、剥げてしまった箇所もある。

このソファはカバーリングタイプではないが、メーカーに出して修理、カバーの張り替えが可能だ。
だが調べてみると、なんと費用が10万以上する。

高い、こんなにするのか……。

これなら新しいソファに買い替えた方が、ずっといい。
今使っているソファは大きくてデザインも古い。
もっとお洒落でコンパクトなタイプが欲しい。

夫に相談すると、
「20年も使用したのだから、好きなの買えばいいよ」と言ってくれた。

だがこれが苦手。
私一人で決める事。





雑貨などならまだしも、家具や家電は一人で決め辛い。

どれだけ「好きにしていい」と言われても、夫はどう思うだろうか?夫は気に入るだろうか?
と、そんな事ばかり気にしてなかなか先に進めない。

「えー……、一緒に考えようよ。一緒に買いに行こうよ」

そう言ってみたが、夫は面倒臭そうに、

「それぐらい一人で行けるようになって!」

と言った。


確かに。
ソファ一つ一人で買えないオバサンなんて痛すぎる。

一人で買いに行くとしよう。

そう決めたが、新しいソファに買い替えられる嬉しさより、自分で選ぶプレッシャーばかり感じた。





にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
**ご訪問ありがとうございました**

★こちらも更新中


関連記事