年相応のファッション

生活
スポンサーリンク


かなり久々にショッピングモールに行った。

ショッピングとは癖になるもので、買い始めるとまた次も次もと、どんどん買ってしまう。

だが行かなければ全く欲しいと思わない。
何ヵ月も洋服を買わなくてもそれなりに済む。

ここしばらくはそんな状態だった。

だから今回も、「洋服が欲しい!」と思って行ったというより、
「冬物を買うなら今お買い得になってるのかも?」という節約意識が働いたから。

なので来年用の洋服を買っておく……予定だった。


だが実際店に行ってみると、もうすっかり春物。

遅すぎたか。

普段ほとんどショッピングをしない為、シーズン物の入れ替わるタイミングがよく分からない。
確かにここ最近は急に暖かくなり、真冬の恰好をしていると恥ずかしいような気さえする。

お買い得品どころか、店に出始めたばかりのヒラヒラした薄い春物ばかりで、値引きなど一切されていない。

ショップの店員も優しい色合いの春の装いで、モコモコに着込んだ自分の姿が姿見に写る度、早く帰りたくなった。





だが店員が私に近付き、
「これ、出たばかりの新作なんです。良かったら試着どうですか?」
と声をかけられた。

「あ、いえ、結構です……」

これだから平日は。

私は世間の休日には外に出ないようにしている。
買い物もいつも平日。
知人に会いたくないから。

だがそうなると、平日は客が少ない為、マンツーマンで店員に付かれる事が多い。

店員が勧めるその「新作」とやらは、到底私の年齢には似合わない可愛らしいデザインだった。

このオバサンがあんなのを着る勇気はない。
店員はマニュアル通りに勧めるだけで、実際相手に似合うかどうかなんて見ていないのだろうか?
そもそも、この年齢で若い人向けの店に行く事自体に無理があるのか?

年々、どういう店で洋服を買えばいいのか分からなくなる。
カジュアルなプチプラ店では自分が浮いている気がするし、上品な店は高級過ぎたりオバサン過ぎたり。

結局この日、何も買わず手ぶらで帰った。




にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
**ご訪問ありがとうございました**

★こちらも更新中


関連記事