模型に恋した鳥



昨日、夫が

「これ、可哀想だと思わない?」と言いながらあるニュースを私に見せた。

模型に恋した「世界一孤独な鳥」

ウェリントン沖にあるマナ島で、野生生物を呼び寄せようと環境保護活動家らが設置したコンクリート製模型の一つに恋をした鳥。その鳥は島を離れようとせず、何年もの間たった一羽でその島で暮らし最後には死んでしまった。

確かに切ない。悲し過ぎる。

これでも模型は必要だと言えるのだろうか?

動物のこういった一途な行動に胸が締め付けられる。









関連記事
Posted byころり
ブログ村・ランキング

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へにほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



よく読まれている記事