逃げてばかり

仕事
スポンサーリンク


もう何ヵ月も今の仕事を辞めたいと思いながら葛藤している。

以前の私ならとっくに辞めていたと思うが、今は「何もしていない生活」がどれ程辛いかを分かっているから、決心出来ない。

人と関わるのが嫌な時、ずっと一人きりで家に居られれば、どれ程幸せだろうと想像する。
誰にも嫌な事を言われず、誰にも気を遣う必要が無い。
早くそんな生活がしたいと待ち侘びる。

だがいざその生活が始まると、別の辛さが始まる。
自己嫌悪、自己否定、罪悪感。

夫はよく言っていた。

「せっかく専業主婦で毎日好きに暮らせるのに、どうしていつも悩んでばかりなんだ?」と。

「何も考えずに、遊んで暮らせばいいじゃないか」と繰り返した。

遊んで暮らすと言っても、経済的にギリギリの生活。
贅沢をして自由に散財出来るはずもなく。

ただ夫が言っているのは、愛犬と遊んだりテレビを見たり、ネットをしたりお菓子を作ったり……そんな些細な事。
それ程お金を使わなくても、楽しむ事は出来るだろう、という意味だと思う。





だが、その頃の私は自分が働いていないという事で物凄く落ち込んでいた。
子供もいないのに、裕福でもないのに、専業主婦をしている自分が許せなかった。

そんな気持ちで暮らしを楽しめない。

家にいて電気をつけるだけで、「今私の為に電気代がかかっているわ」と思った程。


さらに専業主婦が辛い理由がもう一つ。

介護だ。

以前、家にいる日が多いと知られた時、「それなら介護が出来るわね」と嬉しそうに言われた。

もし私が完全に仕事を辞めてしまえば、「仕事がある」という唯一の言い訳が出来なくなる。
今の状態でさえ「ほとんど専業主婦みたいなものでしょ」とよく義母に言われるのだから。

家にいれば、親から逃げる為に外で働きたくなる。
だが外で働けば人間関係に疲れ、親の介護を口実に辞めてしまおうかと思ったり。

相変わらず逃げてばかり。
親からも仕事からも……自分自身からも。





にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
**ご訪問ありがとうございました**

★こちらも更新中


関連記事