隣の家族は青く見える



今放送しているドラマ、「隣の家族は青く見える」。

内容が子供を持つ持たないとか、不妊治療の話題だったりして、「今時のドラマだわ」と思って観ている。


共感とか感動とか私は全くないが、ただそのドラマで出てくる言葉の数々がとにかく懐かしい。


昨日の話の中でも、基礎体温やクロミッド、他人の妊娠を喜べないなど不妊治療あるあるが満載で、「そうだったよね……」と思いながら見ていた。


「リセット」が妊活の専門用語というセリフに、思わず苦笑したり。


不妊治療をする年齢を超えた私は、ある意味冷めた目で客観的にドラマを観る事が出来るが、今まさに悩んでいる人がこんなドラマを観たらどう思うのだろう?と思う。

何だかあまりにもストレートにあれもこれもと、詰め込み過ぎでは?

不妊治療の情報ばかりが目立ち、本来の心の動きが表現されず陳腐に感じる。

30代、40代の女性をターゲットにしたのだろうが、皆の気持ちを代弁しますという風に見えて、本当に大切な心は全く伝えきれていないような。

軽いラブコメ的な感覚で見るならそれもいいだろうけど。


ちなみに私はこのドラマの内容以上に、主演の深田恭子さんがさらに可愛くなったな……とか、コーポラティブハウスって何?とか、そんな事ばかり気にして観ている。




**ご訪問ありがとうございました**
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へにほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ


関連記事
Posted byころり


よく読まれている記事