眩暈と吐き気

体・健康
スポンサーリンク


昨年、抗鬱剤の断薬をしてから、ずっと体調が悪かった。

慎重に少しずつ減薬しているつもりなのに、眩暈が酷くなる一方で。
最初は眩暈だけだったが吐き気も伴うようになり、これは本当に抗鬱剤が原因なのか?何か別の病気ではないのか?と不安になった。

以前から貧血気味なので、その影響かもしれない。
病院で検査をすれば一つずつ不安要素を消す事が出来るのに、なかなか足が向かなかった。

何か病気だと告知されるのが怖くて病院に行けない。
病気でなくても、あれもこれもと辛い検査をされるのが苦痛だ。

この年齢ともなれば、あちこち悪い箇所が出ても仕方がないのに、それを冷静に受け止められる強さがない事が一番の悩み。

病気になる事よりも、それを乗り越える精神力の無さが辛い。

そんな中、知人が乳癌だという事を聞いた。
それも立て続けに二人。どちらも私と全く同じ年齢だ。

全く他人事ではないこの知らせに、私の不安は膨らむばかり。
いつか自分もそうなったら?こんな事を考えるのは不毛だと分かってはいるが、不安で仕方がない。

知人を心配するより自分の心配。自分の事しか考えられない小さな人間だと自分でも思う。






その知人はどちらも子供がいる。

そのうちの一人が言っていた。

「自分が乳癌だという事より、子供の事の方が気になるわ。さっさと手術を済ませて子供の卒業式には元気に出席したいし」

母は強し。
凄い、尊敬する。

私は守るべき者がないからこんなに弱いのだろうか。
私が母になっていたら、もっと強くなれたのだろうか。
とてもそうは思えないけれど。

そうこうしているうちに、いつの間にか眩暈が減ってきた。
まだ日によっては吐き気があるが、以前よりは良くなっている。

やはり断薬の離脱症状だったのだろう。
少しホッとすると同時に、また定期検診から足が遠のきそうだ。




にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
**ご訪問ありがとうございました**

★こちらも更新中


関連記事