recent entry
11/20 (Mon)   羨ましい
11/19 (Sun)   逃げたい
11/16 (Thu)   物忘れ
11/10 (Fri)   ズケズケ
11/08 (Wed)   帰れ


重荷でしかない

2017/08/15 Tue 20:27

スポンサーリンク



兄の妻には妹がいる。

その妹が甥や姪をとても可愛がっているようだ、というのはいつも母からよく聞かされていた。

「あちらの妹さん、すごく二人の事を可愛がってるんだって。遊びに連れて行ったり、頻繁にお小遣いを渡したり」

だから?
母にそう言われる度に私は内心モヤモヤしていた。

その妹、佳代子さんというのだが、私は兄が結婚する時に一度顔合わせしただけだ。それ以降会った事はないので顔も忘れてしまった。

佳代子さんは私と同年代で独身。
私と同じで、彼女もこの先子供がいない人生だろう。

だが私と違うのは、子供がいない分その愛情を目一杯、甥達に注いでいるらしい。

「佳代子さん、あの子達の事が可愛くて仕方がないんだって」

と母が言う。

だから?
いちいち母のその言い方が気になる。

「ふーん、それはいいわね」と私が言うと、「そうなのよ!だからあなたもね」と母。



甥達から見れば、叔母という同じ立場の私と佳代子さん。

その二人の接し方があまりにも違う事に、私の母が不満を持っている事をヒシヒシと感じる。

あちらの妹さんがお小遣いを渡しているんだから、あなたも。
あちらの妹さんが遊びに連れて行ってるんだから、あなたも。

母の思いが強すぎて、私は吐き気がしてくる。

いいじゃないか。
孫が嫁サイドの家族になっても。
それで孫が幸せならそれでもいいじゃないか。

少なくとも、それ程孫と距離を縮めたいなら、母自身が気が済むまで孫を可愛がればいい。
だがそれと同じものを私に求めるのはやめて欲しい。

なぜ私と甥達の関係を無理に近づけようとするのか。
重荷でしかない。


スポンサーリンク



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
* * * * ご訪問ありがとうございました。 * * * * 

関連記事
親・親戚