recent entry
11/16 (Thu)   物忘れ
11/10 (Fri)   ズケズケ
11/08 (Wed)   帰れ
11/05 (Sun)   頼れる存在
11/03 (Fri)   事故


有情

2017/07/27 Thu 00:29

スポンサーリンク



以前、一緒に働いていた人が話していたのを思い出した。

「私、義母に嫌わているの」

そう言うその女性は顔に大きな火傷の跡があった。
年齢は40代。丁度今の私ぐらいの年齢だった。

その火傷の跡はあまりにも目立ち、申し訳ないが最初の頃には顔を見るのも、どこに視線をおけばいいのか気を使う程だった。

だが本人は全く気にしていない。
もしくは気にしてない風に見せるのが上手い人だった。

明るく「この顔だと化粧しても無駄だから楽だわ~ワハハ!」と笑っていた。

自虐的な事を言っても相手に可哀想だと思わせない。
同僚の私達はいつの間にか、彼女のその火傷の跡が全く気にならなくなった。


「義母はね、私の事気持ち悪いんだって」彼女は言った。

酷い。そんな事を言う人がいるなんて。

「この顔がね、嫌なんだって。厄介な人でしょう?」

さすがにその話を聞いた時には、私達は言葉に詰まった。なんて酷い義母。私なら絶対付き合えない。会いたくない。

彼女は続けた。


「最近義母は体調が悪いんだけど、私には死んでも介護されたくないって言うの」と言って、フフフと笑った。

嫌な義母だと思うが介護しなくてよいなんて、それはそれで割り切ってしまえば楽でいいではないか。

同僚の一人が彼女に言った。

「介護しなくていいんだから、色々言われても気にしないしかないですよね」

すると彼女は「え?」と驚いたような顔をして、

「私は介護するつもりよー。義母がどう言おうが、介護はさせてもらいたいわ」

私は信じられなかった。
自分の親ならまだしも、配偶者の親を介護したいなんて。さらに嫌わていると分かっているのに介護したいなんて。

彼女はその場だけで恰好つけた訳でも、理想を語った訳でもない。
彼女はそういう人だった。その場で話を聞いていた誰もが、「この人なら本当に介護するだろう」と思ったと思う。

何年か経ち、久々に同僚と会った時に彼女の噂を聞いた。
その後義母と同居し、最期まで介護したらしい。

どうしてそこまで出来るのだろう?
出来ない自分が非情に感じる。

今、私はその頃の彼女と同年代になった。
だが自分の考えや正論を振りかざし、自己中心な義母を受け入れる事が出来ない。そして自分は非情なのか?と自問自答し一人ストレスをためている。

相手が間違っていても受け入れる。
心からそんな人になれれば、自分が楽になれるのかもしれない。


スポンサーリンク



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
* * * * ご訪問ありがとうございました。 * * * * 

関連記事
親・親戚
« 鬱陶しい | HOME | エアコン »