痛み

体・健康
スポンサーリンク


お腹の痛みで目が覚めた。

時計を見たら朝8:30。

未だに朝が苦手な私は、仕事の日でない限り、昼前まで寝てしまう事が多い。深く眠っていなくても、カーテンを閉めて毛布の中で現実逃避する毎日。

だがこの日はその痛みのせいで、現実逃避する事が出来なかった。

私は海老のように毛布の中で丸まり、ジっと耐えた。夫は仕事でいない。
夏冷えしたのかもしれない。しばらく温めて眠れば治るかも。

そうして我慢しているうちに眠ってしまい、目覚めた時には本当に治っていた。

良かった。やはり少し冷えていたのだろう。
私はそう思い、昼食も普通に食べた。

その後は洗濯をしたり簡単に掃除をしたり。あとはネットをしながらダラダラ。

そして夕日が沈む頃、その痛みは再びきた。

痛い!朝のそれより更に強く痛い!





ソファで蹲っていたが収まる様子もなく、脂汗とめまい、吐き気がしてきた。
熱中症とかではない。リビングはエアコンを入れて快適温度で過ごしていた。

トイレで胃腸の中のものを排出すれば治るかもと、頑張って座ってみたが、全く何も出てくる気配がない。
それよりも今までに体験した事のない強い痛みで、手を握りしめて耐えたが、うぅっ!と唸り声が漏れてしまう程辛い。

夫に電話しようか?
咄嗟にそう思ったが、夫は仕事で、その上その日は出張で翌日まで戻らない予定だった。
電話してもどうしようもない。

救急車を呼ぶ?
次にそれを悩んだ。だがそこまで重症なのか?と自問自答。
そして何より、救急車が来た時の近所の人達の顔が目に浮かんだ。絶対に玄関から飛び出してきて、「何事!?」と大騒ぎになるだろう。その噂の中心となるなんて……気が重い。

私は自分で病院に行こうと思った。
大丈夫、頑張れば何とかなる。自分に言い聞かせた。



―――――――続きます。






にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
**ご訪問ありがとうございました**

★こちらも更新中


関連記事