recent entry
09/20 (Wed)   置いてけぼり
09/18 (Mon)   号泣
09/14 (Thu)   葛藤
09/10 (Sun)   理解者
08/26 (Sat)   終わった人


安心感

2017/06/26 Mon 20:34

スポンサーリンク



私の実家の親も、夫側の親も、それぞれ歳を取ったのか、最近どちらの家に行っても墓や葬式の話になる事が多い。

私自身は暗い性格だが、親から聞く話は明るい方がいい。

病気、孤独、介護、葬式、墓、……そんな話を聞く度に心に重石を乗せられたような気持ちになる。

とくに義母は、自分のお葬式が自分の希望通りに行ってもらえるのか心配らしい。
自分の死後の事まで心配出来るなんて、ある意味今が幸せな証拠だと思うけど。

どちらの親にも私は答える。

「心配しなくても大丈夫だから」

どれ程重荷な事であれ、残された子である私達が最後は責任を持つしかない。
多分、その時には私は大部分を夫に頼る事になるだろう。夫がいてくれるからこそ、親達に「大丈夫」と答えられる。


だがそれとは別に、年々不安になっているのが、自分自身の時の事。

私が夫より先に亡くなればいい。
そうでない場合の時が怖くて仕方がない。

誰も頼る人がいない中、私一人で夫の葬儀なんて出来る?と、リアルにその時を想像してみる。


付き合いのない夫の親戚、夫の仕事関係の人達、私の親戚、近所の人達……。
そういった人達に挨拶し、葬儀後の食事と会話の相手をする。

想像するだけで倒れそうだ。とても私に出来るとは思えない。

ある時、子供のいる主婦とそんな会話をした時、「分かるわー不安よね」と共感してくれた。

しかし私は内心、「あなたには子供がいるから私の不安と同じではないでしょう」と、歪んだ感情を持った。
たとえ子供が何もしてくれなくても、ただ傍にいてくれる存在がいるのといないのでは全く違う。

私は今、何か困った時、辛い時、悲しい時、いつもいつも夫に頼っている。夫だけに。
だからその夫がいないという最大の悲しみの時、とても私に乗り越えられるとは思えない。

葬式もせず、誰にも知らせず、何もせずただ一人で蹲ってしまいそうだ。

考えても仕方がない事。
分かってはいるが、ついつい考え始めると黒い沼にハマっていく。

自分より長生きするであろう家族がいるという安心感。
それがある人が羨ましい。


スポンサーリンク



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
* * * * ご訪問ありがとうございました。 * * * * 

関連記事
子なし