recent entry
09/20 (Wed)   置いてけぼり
09/18 (Mon)   号泣
09/14 (Thu)   葛藤
09/10 (Sun)   理解者
08/26 (Sat)   終わった人


お手軽な薬

2017/06/18 Sun 21:37

スポンサーリンク



先日心療内科に行った。

待合室の雰囲気がいつもと違うと感じた。いつもは見るからに心が病んでいそうな人が多い。私も含め。

だがこの日は、全くそうは見えない人が多かった。それは声で分かる。
窓口の人に名前を呼ばれた時、私のような人は小さな声で返事をするか、もしくは返事もせずに目を合わせて立ち上がるだけ。

私は返事が出来ない訳ではない。派遣先などでは意識してハキハキと返事をし、「普通の人」を演じている。

だがここは病院。心療内科なのだ。
無理をしなくていいという甘えから、私の中の元気要素がなくなる。

そんな中で、この日の患者は「普通の人」に見えた。
ある女性は、窓口に対する返事もハッキリと明るく丁寧。診察室から漏れ聞こえるかすかな笑い声。診察室から出てくる時も、「先生ありがとうございました」とにこやかな顔でお辞儀していた。
さらに会計を済ませた後も、次の予約日を事務員と笑顔で相談している。

この人に心療内科が必要なのだろうか?見ていてそう思った。



また別の人は男性が患者で、妻らしき人が付き添っていた。
待合で待っている間、ずっと笑いながら会話している。聞こえてくるのはこの後のランチ、どこにする?という話。

彼の診察時には妻も一緒に診察室に入っていった。

この人もあの人も、それ程酷くは見えない。見えないだけで、本当の心の中は外からは分からないけれど。

患者が待合室でスマホで音楽を聴いている姿を見たり、LINEで誰かと何度も会話している様な音を聞いていると、心療内科は随分身近な存在になったと思う。

鬱でなくても、生活に大きな支障がなくても、少し心が疲れている時、気軽に行ける病院。気軽に服用出来る薬。

そんな風になりつつあるのだろうか?

先日のお笑い芸人が睡眠薬でニュースになった件。
私も改めて薬の服用の仕方について考えさせられた。薬が原因かどうかは分からないが、私は常に眠い。運転している時も正直眠い。最初の頃は運転する時は時間を逆算して……と神経質になっていたが、最近は慣れて緩くなってしまっている。

もし私に必要ないのであれば、やはり薬をやめたい。
だがこの日も医師はそれを認める事はなかった。


スポンサーリンク



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
* * * * ご訪問ありがとうございました。 * * * * 

関連記事
お金
« お返事 | HOME | 貯蓄 »