recent entry
05/19 (Fri)   オーガニック
05/17 (Wed)   サプリ感覚
05/14 (Sun)   私には子供がいるから
05/12 (Fri)   母の日
05/10 (Wed)   かかりつけ


しこり

2017/03/20 Mon 20:36

スポンサーリンク



――――――――前回の続き。


乳がん検診は痛くて嫌だと言う人がいるが、私はそれ程痛みを感じない。なので子宮の検査程構える事はないのだが、乳がん検診と言えば結果が気になる年齢。

というのも、最近知人で立て続けに乳がんが見つかったという噂を聞いた。
さらに派遣先のパートの女性も40代で乳がんが見つかり、ある日突然退職した。
芸能人でもやはり同年代の女性で乳がんを患う人が多い事から、全く他人事に思えない。

しかし過去に何度かマンモグラフィ検査をしたが、異常があった事はない。きっと今回も大丈夫だと言い聞かせた。

マンモグラフィ検査が終わり、次に診察室に入って医師の診察を受ける。

60代ぐらいの男性医師が、触診とエコー検査を始めた。

するといつもの検査よりエコー検査が長い……と思った。

以前なら同じスピードで器具を滑らせて次々と検査する場所を移動していたはずなのに、今回は医師がその器具を一か所にあてたまま動かない。さらにジーっとモニターを見つめたまま、その同じ個所を何度も何度もしつこく画像確認している。

私の緊張はピーク。
ドキドキが止まらない。
何なの?何かあるの?

さっきまで子宮筋腫の事で憂鬱だったのに、そんな事は頭から吹っ飛び、どうか胸に何もありませんように……と手に汗を握った。


片側の胸はあれ程時間をかけて検査したのに、逆の胸はそれと比べると簡単に終わった。
嫌だ嫌だ……きっと何かあったのだ。

医師が話し始めた。

「ちょっと気になる影があります。1cm大のしこりなのですが、ここ、分かります?」

と言いながら私の手を取り、その部分を触らせた。


分かる。
確かにゴリゴリとしたものがそこにあった。

日頃から自分で触診していたつもりなのに、全く気付かない。というか、今でも一度手を放してしまうとその場所を見つけられない程、それは奥の方にあり分かり辛かった。

私は緊張を通り越して気分が悪かった。

「うーん、どうかな」

医師は何か考えている様だったが、

「細胞の検査をするか微妙な所ですが、これは多分良性腫瘍だと思います。少し様子をみましょうか」と言った。

良性という言葉を聞いて、心が緩んだ。良かった、それ程悪いものではなかった。それならそうと早く言って欲しい。この緊張、精神的に悪いではないか。

だが医師は続けた。

「1か月後に検査に来て下さい。経過観察します」

「え?1か月?」と私が聞き返すと、

「もし悪性でも短期でそこまで大きくならないので頻繁に検査していれば大丈夫です」と言った。

何それ?
全く安心出来ない言葉……。

とりあえず経過観察という診断結果を受け取って帰ってきたが、モヤモヤした気分が残る。

永遠に健康だと保障された体を手に入れればどんなに気が楽になるだろう。
だけどそれはそれで精神的に苦しいのかもしれない。

病気になるのは仕方がない。病気に耐えられる精神力が欲しい。


スポンサーリンク



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
* * * * ご訪問ありがとうございました。 * * * * 

関連記事
体・健康 | トラックバック(0)
« 隣の娘 | HOME | 憂鬱 »