recent entry
11/16 (Thu)   物忘れ
11/10 (Fri)   ズケズケ
11/08 (Wed)   帰れ
11/05 (Sun)   頼れる存在
11/03 (Fri)   事故


広い世界

2017/02/05 Sun 20:59

スポンサーリンク



バラエティ番組はあまり見ない方なのだが、そんな中で好きな番組がある。

「世界の日本人妻は見た!」

なぜかこの番組が好きだ。

他にも世界にいる日本人をリポートする番組は時々見るが、
それらに面白さは感じないのに、この「世界の日本人妻……」は欠かさず見てしまうぐらい好きだ。

それは、場所が自分とは違う「世界」であり、
人は自分と同じ「妻」である事が大きい。

ちなみに、他人の家を覗くという意味では、
日本人の大家族を追う番組もあるが、あの番組は苦手。

テレビに映っていてもすぐチャンネルを変えてしまう程。
現実感があり過ぎるからだろうか、見ていると疲れてくるのだ。

その点、「世界の日本人妻……」は現実ではありながらも、
どこか夢のような映画を観ているかのような気分になれる。現実感が薄い。


それは私が海外生活をした事がないからそう感じるのかもしれない。

自分と同じような年齢の妻が、
自分と全く違う世界で違う生活をしている事に憧れの眼差しで見る。

子供の時には同じような生活を送っていた人が大人になった今、
あんな風に別世界に飛び出しているんだと思うと羨ましい。

同じ人として生まれてきたのだから、私も自分の好きな場所で自由に生きてみたかったと思う。

でもそれは想像の世界であるから素敵に見えるだけで、
それが現実になったとしても、また違う何かを求めてしまいそうな気がする。


昔観た映画で心に残っているセリフがある。

「広い世界を見たいと思い遠くまで捜しに行ったけど、自分の求めているものはすぐ近くにあったわ」

その通りかもしれない。


スポンサーリンク



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
* * * * ご訪問ありがとうございました。 * * * * 

関連記事
| コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
実は…
私は数年前から海外に住んでいて、今までも・今現在もその国からコメントを送っています(時々変な時間に書きこむのはそのせいです)。
番組はネット経由で数回しか見たことがないんですが(ほとんど内容も記憶に残ってないです;)
番組でとりあげられる【妻】さんは、みなさんドラマティックな人生だったり、ちょっと特殊なお仕事をされてたりするんでしょうか?

私は夫の仕事の都合で連れて来られただけですし、今は仕事もしていないのでTVに出られるような妻ではないですが、確かに今の国で過ごしてから刺激はありますし、いろんな国の方と出会えて世界は広くなったかもしれません。
以前書いたボランティアや事実婚のゲイカップルの話は、日本ではなく今住んでいる国での事です。
でも単発・短期のアルバイトは、昔日本で経験した出来事で(つい最近の事のように書いてしまってゴメンなさい!)私にとっては外国で暮らすのと同じくらいいろんな方に出会えて刺激を受けましたよ。
あと以前クリスチャンの女性の話を書いたと思うんですが、全員日本に住む日本人です。

私がこの国で最も苦労しているのは、外国人に外国語で自分の意見を言ったり、主張しないといけない(クレームを言う)ことです。
私達の常識と彼らの常識は違いますからね。
例えば家の設備がよく壊れるんですが、修理業者が時間通りに来てくれなかったり(これは普通です)、酷いと約束の日に連絡無しで来ないこともあったり、その後も謝罪の言葉はありません。
来てくれても、まだ完全に直ってないのに『直った』と言って帰ってしまったり。
スーパー等、お店の従業員でも同じようなレベルのことが時々あります。
最初はある程度我慢したり、夫を100%頼っていましたが、それではあまりに情けないので、最近では自分でも言うようにしています、が…、ものすごくストレスです。
言葉の問題ももちろんありますが、なんで自分がお客側なのに、相手にこんな事まで指摘しないといけないんだろうとか、気を使わないといけないんだろうとか…。
元々心身ともに弱いので(現在も通院してます)、相手に同じ事を何度も言って分からせる作業はしんどいです。

他にも書ききれないくらい様々な事がありますが、全般的には良い事・悪い事は半々くらいですかね。
一番強く思うのは、コロリさんが書いていらっしゃる通り『求めている物はすぐ近くにある』ということですね。
私にとっては自分自身の心身の健康、夫の存在、日本にいる家族の健康だったり。


もし少しでも海外にご興味あるのなら、いつか短期留学をしてみるのもいいかもしれませんね。
50代〜60代で数ヶ月〜1年?の語学留学をされてる日本人女性数名に会ったことがあります。
ご家庭が落ち着いて(子育てが終わった後、親や配偶者の介護が始まる前・終わった後等)ご自分がまだ元気なうちに、おもいきった事をしてみたかったっておっしゃってましたよ。
理想と現実のギャップにショックを受けることがあるかもしれませんが、それはそれで新しい発見があるでしょうし。
例えば今のお仕事に対しても『留学費用を貯めるため』とか新しい目標が出来れば、職場での気持ちの持ち方も変わるかもしれませんし、語学系の勉強・習い事を始めてみるとか、今までと違う行動に結びついて、心身の健康につながるかも?しれません。



ガラッと話は変わりますが…
少し前にネットで見たんですが、JALが飼い主さんとワンちゃんが一緒に国内(?)旅行できるツアーを企画したらしいです(もう締め切ったかも?)。
機内でもワンちゃんと一緒に過ごせるとか、楽しそうだな〜と思いました^ ^







No title
私もあの番組好き、住宅事情とか冷蔵庫の中とか、海外で何食べてるとか気になります。
日本へ来た外国人を取材する番組も好きです。
海外へはだいぶ昔に行ったきりです。ここ数年はわんこの散歩ついでに地元うろうろだけですが、それでも外に出れば小さいですが、いろんな発見があります。
ドッグカフェやイベントなどかな?わん友さんと出会ったり・・なんかほぼ
犬猫つながりです。共通の趣味関心の人とのかかわりが楽しいと思っています。
たまに空見ては、飛行機見てあの飛行機に乗ってる人ってどんな人?ビジネスクラスに乗ってるってどんな人?なんて勝手に想像しています。ネットにてあれこれ人のブログや検索したりする毎日です、ここ数年これが楽で楽しく、見るだけで世界が広がった感じに勝手に思っています。

日本でよくある貧乏子沢山ファミリーなんて見たくもありません。汚い家に常に喧嘩が耐えない子供たちを見ていてつらい。
コメントありがとうございます。お返事は気紛れとなりますが
それでも宜しければいつでも歓迎です。また申し訳ありませんが
こちらが不快だったり困るコメントは削除させて頂きますのでご了承下さい。

管理者のみに表示