recent entry
11/16 (Thu)   物忘れ
11/10 (Fri)   ズケズケ
11/08 (Wed)   帰れ
11/05 (Sun)   頼れる存在
11/03 (Fri)   事故


普通の人

2017/01/25 Wed 20:57

スポンサーリンク



今回の心療内科での診察は、私にとってあまり良い時間ではなかった。

いつものように「どうですか?」と医師に聞かれ、私は「特に変化はないです」と答えたが、医師がジッと私を見つめるので何か話さなくてはと焦った。

なぜだろう?

以前の医師には言葉につまる事はあっても、伝えたい事がたくさんあった。助けて欲しい事がたくさんあった。

しかし今の医師になってからは会う前から、「今日は何を話せばいいのか」と毎回悩む。
それなりに悩みを相談し、医師にアドバイスをもらう事で医師を納得させなければという思いが強い。

こんな事を考えるなんて、以前よりは余裕がある証拠なのかとも思う。
悩みを相談に行くつもりが、医師に話す事自体を悩んでいるなんて本末転倒。

私は最近の母との関係を話した。
このブログでも書いたように、「もっと付き合いを広げなさい」と言われる事自体が負担だと、それ以前に母の存在が常に私を支配していると説明した。私の性格の偏りや自己否定が強いのは、多少なりとも母の事が関係している気がすると話した。

医師は「ふんふん」と優しく微笑みながら聞いていた。

私は途中で話を止め、医師が何か返答するかと様子をみたが、沈黙が流れ医師はただジッと私の顔を見つめていた。

その沈黙と視線に耐えられなくなり、私はすぐ目をそらす。
机の上を見つめながら続きを話す。

しばらくしてまた話を止めてみて、医師の様子を伺う。
だがやはり医師は無言で私をジッと見つめ返すだけなので、視線が辛くて目をそらしてしまう。


その繰り返し。

何だ?なぜ何も言わないのだろう?
何も言ってくれないから、私が自分一人で話をまとめるしかないではないか。

そうして私が話し終わると、医師は

「うーん……まぁ、お母さんも娘を心配しての事でしょうね」と言っただけだった。

私は拍子抜けして「そうですね」とだけ答えた。

その後は「次の予約は何時にしますか?」とか「お薬は前回と同じでいいですね」といった確認のみとなり、キッチリ15分で診察は終わった。

最近感じる。

この15分間は保険請求する為には必要な時間であり、その為に無駄な会話をしているような気がしてならない。

医師は悪い人ではないが、魅力を感じない。
医師に「魅力」という言葉を使うのは変だが、会う前には面倒だなと思うし、会った後も気疲れし、次の診察日まで会わなくて済むと思うとホッとする。

そういえば、最後に医師の方から一つアドバイスがあった。

「ころりさん、何か趣味を見つけて、色んな人と話すのがいいですよ」

同じ事を母に言われて負担に感じると相談したつもりだったのに。
そんな誰でも言いそうな事を言われ、「普通の人だなぁ」と思いながらため息が出た。


スポンサーリンク



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
* * * * ご訪問ありがとうございました。 * * * * 

関連記事
| コメント(11) | トラックバック(0)
コメント
私は近い人が亡くなり予想外のことで、1年以上元気がでらずに、そのとき職場でもあまり馴染めずに。意地悪されたり。。 
でも最近は話しやすい人とはなしたり、興味ある趣味を色々始めたりしたらだいぶ流れが代わってきました♪ 途中の意地悪などが、きつかったですが、、合いそうな人と仲良くなったり、趣味を探すのが今の楽しみになりました。疲れたらゆったり休みつつ。
コロリさんも無理せずにゆっくりで大丈夫と思います。 
No title
心療内科の医師には良し悪しがありますが、ころりさんの担当医は通っていても良い事がない気がしますね。。。
相性っていうのも大事ですし。
その15分が過ぎればただ診療報酬が稼げるって思ってるのかもしれません。
このまま通院しててもただ単に抗うつ剤や安定剤を処方されるだけの数年を過ごすよりは、他に手立てを選択するのはいかがですか?
例えば、今現在に急なパニックや衝動的な症状がなければ、【認知行動療法】などはいかがでしょう。
思考癖や生き辛さなどを投薬ではない方法で治療してゆくみたいです。
ずっと長年ブログを拝見させていただいていましたが、なんとなく、ころりさんは心療内科で投薬治療よりもこちらの方が合う気がしてなりません。

因みに、この療法は成功例が多く、副作用がないとのことで、健康保険の保険対象(地域にもよりますが)にもなってるそうです。
ご自分の「自動思考」を知るだけでも、生きるのが楽になると思いますが。。。

もし、的外れだったらごめんなさい。

どこかに
私は30年も前に初めて精神科にかかり、その後日本でも、この国に来ても、何度も色々な精神科医にかかってきました。10人以上の医師にかかったと思います。

その中で、話すことで、あっと言う間にうつが癒されたと感じたのは入院した病院の医師2人だけです。

でも、居ましたよー。
まとめて2人にその病院で出会いました。

だから思うのですが、きっとコロリさんに合うお医者さんがどこかに居るのではと思うのです。
諦めず、また別の医者にかかってみても良いかもしれませんー。

残念ながら、合わない医者の方がずっと多いです。
でも、自分に合う医師に出会えたら、それこそが完治への近道だと思うのですが。。。
前のお医者さんの様な方にまた出会えると良いですね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
認知行動療法をしているのでは?
主治医との相性が合う合わないはあることですから、どうしても合わないと感じるなら別のクリニックを探してみるのもいいかもしれません。

ただ、
>この15分間は保険請求する為には必要な時間であり、その為に無駄な会話をしているような気がしてならない。

と、いうふうにマイナスに捉えることも出来ますが、
プラスに捉えると主治医はその会話の中で簡単な認知行動療法を行っているとも言えるのではないでしょうか?

本来の認知行動療法は紙にいろいろと書き込んでいくのだそうですが、

私の場合は紙に書き込む作業はとても続けられないため、カウンセリングや診察の度に毎回少しずつ繰り返し言葉でカウンセラーや主治医から言い聞かされているのが、以前にもコメントした、

・物事のマイナスの面ではなく、プラスの面を見ること。
・自分の出来てない方を見るのではなく、出来たことの方を見て出来た事を認めること。
・自分にないものを数えず、自分にあるものを数えること。
・人との比較はどんなことも全く意味がなく、人と自分を比較せず、与えられているものに感謝すること。
・どうすべきか?ではなく、自分がどうしたいか?で物事を考えること。
・これでいいのかしら?と揺れたりせずに、私はこれでいい!と自分で決めること。

これらは、大きな意味で認知行動療法の認知療法の部分に当たるのだそうそうです。
物事を悲観的にマイナスに捉えがちな思考を、プラス寄りの捉え方に変える訓練です。

そして、外に出て楽しみをみつけ趣味をみつけることで、それを楽しんでいる間は悩みを脇に置いておく事が出来るようになり、
独りだけで考えていると間違った考えになりがちですが、人に会って人と会話をし人の考えを聞く事で自分の考えの間違えを修正することが出来るのだそうです。

これらは大きな意味で認知行動療法の行動療法に当たるのだそうです。

そうすると、
お母さまの価値観の押しつけとも思えるお母さまの言葉が負担で嫌だというマイナスな捉え方を、
「まぁ、お母さんも娘を心配しての事でしょうね」
と、プラスの捉え方にしてみせ(これが認知療法の部分に当たる)
「何か趣味を見つけて、色んな人と話すのがいいですよ」(これが行動療法の部分に当たる)

こうやって考えてみると、15分間の主治医との会話はかなり中身の濃い診療とも捉える事が出来ますが?
分かります
こんばんは。
いつも私が書いたのかと思う位、共感して読ませて頂いてます。

以前、隣人トラブルになっていることを書き込みさせて頂いた者です。

私も心療内科に数件かかりました。

最初の病院で、医師に隣人トラブルや騒音で精神的に参ってると話したら「今からでも、お子さんを作られたらどうですか?」と言われて大変ショックを受け、余計に落ち込みました。

その後も数件行きましたが、なかなか合うお医者さんに出会うのは難しいですね。

今、隣人トラブルと新興住宅地の騒音等でうつ病が酷くなり、夫と別居し実家にいます。
子供がいないから分からない、と道路族で悪口。
死にたいとまで思うようになりました。

母は私と正反対で友達が多く明るく優しいのですが、昔から無神経な発言をするところがあり、実家暮らしもきついです。

お世話になっている身で文句は言えないので、辛いです。

お互いに、少しずつでも幸せを感じられると良いですね。
お疲れ様でした!
今回の診察は、変なオッサンに遭遇してしまったり…
それでも帰らずに予定通りに診察を受けられたコロリさんは偉いです!自分を褒めてあげてほしいです。
次回万が一同じような事があれば、男性が近づいてきた最初から、何か【フリ】をして席から離れたらいいと思います。
実際にはしたくなくても、雑誌を取りに行ったり、トイレに行ったり。
きっと優しいコロリさんは誰に対しても相手を傷つけるような行動を取らないクセがついているんでしょうが、まずはご自分を守りましょう。

先生の診察は、もしかしたらココアさんのおっしゃるように、その先生なりの認知行動療法だったのかもしれませんね。ただもう少し、会話の途中で先生の『合いの手』みたいな物があると、もうちょっと話しやすいですよね〜(^^;;
でも今回、コロリさんは核心のお話(お母さまの事)を自らされた事も凄いと思いますよ!
それも是非、ご自分を褒めてあげてほしいと思います。

提案された『人と話す』ことですが、何かボランティアみたいな事に参加されるのはいかがでしょう?
以前どなたかがコメントで書かれていた、ワンちゃんの保護団体から老犬を飼うお話しがあったと思うんですが、例えばその保護活動側に参加されるとか。
悲しい現実と向き合わなければならない事もあるとは思いますが…、きっと同じような動物愛を持った仲間とは、気持ちが通じる部分がたくさんあって、やりがいもあるのではないでしょうか?
動物に限らず人が相手のボランティアでも、心の優しいコロリさんには向いていらっしゃるような気がします。
あまり知人に会いたくなければ、ちょっと離れた地域で探してみたり。
ご自分とは違う年代のいろんな人達と接する、良い機会になるかも?しれません。
ボランティアももちろん大変だとは思いますが、仕事ほどはプレッシャーになりにくいかなぁ、?と。
お仕事に差し支えない程度で、月数日から始めてみたり…。

あとは、ちゃんとした宗教(←言い方が変でゴメンなさい)に興味を持ってみたり。
私が今まであった方で、優しいけどとても芯が強い・ブレないと言うか、自分を持っているタイプの女性に共通していたのが、クリスチャンだったことです。
たぶん彼女達は子供の頃から教会に通って聖書を読んだり、何かボランティアみたいな事もしているようでした。
大人からでも参加できると思いますし、そういった活動を通して、心の拠り所を何処かに、あるいはご自分の中に見つけ出せるかも?しれません。


週末、暖かくしてのんびりお過ごしくださいね!

鈍感力
うーん!
今のコロリさんに必要なのは鈍感力かなぁ。
私は友達も少なく、資格もキャリアもない主婦です。どうぜん、人づきあいも悪い。
この間、母親に100万円を上げるから、将来面倒を見て欲しい。海外に勝手に行かない事も条件に出されました。私はもちろんお断りしました。たった100万円でこれからの人生を縛られるのは、まっぴらごめんだからです。
とうぜん軋轢がありました。
人生、いろいろあります。
誰もが決して平たんな道ばかり、歩む事は出来ません。
No title
『盲亀の浮木』
人とのつながりは盲亀浮木の如く。
大海に住む盲目の亀が百年にただ一度だけ海面に浮かんでくる時に、
たまたま穴の開いた流木が浮いて、その流木の穴に首入れるという仏教の寓話があります。言わば、めぐり合うことは非常に難しいことの例えです。

血のつながる家族となることは、盲亀浮木のような奇跡の確率です。
生まれてくることは、両親がいます。
両親のそれぞれの両親、合計4人。
このようにさかのぼって考えてみましょう。 
10代前を遡ったら自分と同じ血が流れている先祖は1024人。
20代前だと約100万人!!
そのうちのただのひとりでも欠けたら、自分はいま存在していないです。
「命」を次につないできたから、現在の自分の「命」があります・・・
奇跡的なことのように思えます。
そのように考えてみると、先祖の大切さがわかり、お墓の重さがわかります。
先祖に手を合わせて感謝しましょう。
No title
そんな母を重いと感じていたのに
母よりの意見を言われると事はとても辛い事です。

母は母で間違っていなくても、自分の気持を一番にと
いってほしかったです。

個人的意見でした。パート2
No title
皆さんたくさんのコメントありがとうございました。
コメントありがとうございます。お返事は気紛れとなりますが
それでも宜しければいつでも歓迎です。また申し訳ありませんが
こちらが不快だったり困るコメントは削除させて頂きますのでご了承下さい。

管理者のみに表示
« 仕事:コミュ | HOME | 煙草 »