recent entry
11/16 (Thu)   物忘れ
11/10 (Fri)   ズケズケ
11/08 (Wed)   帰れ
11/05 (Sun)   頼れる存在
11/03 (Fri)   事故


家族のカテゴリー

2017/01/18 Wed 21:41

スポンサーリンク




私達夫婦は、愛犬をまるで子供のように可愛がっている。
子供のいない夫婦にはよくある事なのだろう。

子供がいる人から見れば「ペットを擬人化するなんて馬鹿げてる」なんて思われているかもしれない。

時々子供がいる人に、「子供とペットは全然違うわよ。比較にもならないぐらい育てるのは大変だし、大切さも重さも違うわ。子供を持てば分かると思うけど」と、わざわざ説明してくれる人がいるが、そんな事は分かっている。分かった上で、私達なりの幸せがこれなのだ。

以前、派遣先のパソコンで、あるソフトにカテゴリー分けする機能があり、その中に「家族」というカテゴリーがあった。
家族の選択肢の中には、祖父・祖母・父・母・娘・息子のアイコンがあり、それと一緒に犬・猫のアイコンもその家族の選択肢に含まれていた。

ある人がそれを見て言った。

「どうして犬と猫が家族のカテに入っているの?これって変だよね?設定上の間違いじゃないの?」


私は驚いた。

今時、犬や猫が家族と捉える人も多いと思っていたからだ。
もし自分が飼っていないとしても、これだけペットブームであればペットを家族と呼んでも違和感がないのでは?と思っていたが……甘かった。

その人があまりにも真剣に「変よね」を繰り返すので、私は思わず言った。

「最近はペットも家族っていう感覚だったりしますよね」

彼女は私が犬を飼っている事も知らない。

「えぇ!?そうなの?知らなかった!へぇ~驚いたわ」

嫌味でも何でもなく、彼女は心からペットを家族と呼ぶ事に違和感があったらしい。

もし彼女が本当の私の暮らしを知れば、驚きの連続だろう。犬に話しかけたり、一緒に眠ったり、犬の為に急いで帰ったり……信じられないと思う。

だがそういった私達の感覚、感情を他人に真向から分かってもらおうとは思わない。だから間違っても家の外では愛犬の事を「うちの子」なんて言わないようにしている。

他人に理解してもらえなくても、私達夫婦が愛犬に対して子供に似た愛情を持てる事で幸せなら、それでいいと思っている。


スポンサーリンク



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
* * * * ご訪問ありがとうございました。 * * * * 

関連記事
子なし | コメント(7) | トラックバック(0)
コメント
No title
いつも拝見してます。


うちら(子ナシ夫婦二人暮らし30代後半夫婦)なんて、
ペットも飼ってなくて、ぬいぐるみをわが子のようにしております!!!(話しかけたり一緒に寝たりはもちろん、食事や旅行も一緒!周囲には内緒ですが笑)

こんな家もあるんで、ペットをうちの子と言ってもおかしくないと私は思います!
No title
こんばんは。50代の子なし夫婦でワンコを2匹育ててきました。14さい、15さいとみおくって今は猫1匹で暮らしています。
子どもを持ったことがありませんが、一緒に生活してきたので義父が亡くなった時より悲しくてペットロスで苦しみました。犬猫を飼ったことがない人には理解できないと思うのでそういう人には言葉を選んで話します。
病気で留守番の時は急いで仕事場から帰ることもあたりまえです。
子どものいない夫婦は社会においてもマイノリティです
し、肩身が狭く、生きづらいと思うこともありますが、今は開き直って自分磨きに時間を使っています。
いつも拝見してますが、コメントははじめてです。
また来ますね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
「これでいい」
「他人に理解してもらえなくても、私達夫婦が愛犬に対して子供に似た愛情を持てる事で幸せなら、それでいいと思っている。」

こういうふうに、まわりが何と言おうが「私はこれでいいんだ!」と自分で自分に言えるようになる事が精神的自立なんですよね。

私は周りの人々に何か言われるとすぐに「これでいいのかしら?」と揺れてしまい、まだまだ自己肯定出来ずに自己否定ばかりしてしまうのですが、
ころりさんはこういうふうに言えるのですから、この積み重ねを続けていけば大丈夫なのでは?

お母さまにころりさんの気持ちを理解してもらえなくても、「私はこれでいいんだ!」と、ころりさんが自分で自分に言えるようになればお母さまの言葉も気にならなくなるのではないでしょうか?

な~んて、偉そうな事を言ってすみません。
私はまだまだ自分で決められずに、「誰か!いいんだと言ってぇ~!」となっているそうで、
「誰が何と言おうが、私はこれでいいんだ!と自分で自分に言えるように。」と心療内科で言われております。
私はこれでいいんだ!と決められることが精神的自立なんだそうですが、なかなか難しいです。

ころりさんは、あと一歩で大丈夫のように私からは見えますが。


ちなみに私の家族は、ぬいぐるみです。
毎晩、一緒に寝ています(^_^)
No title
こんにちは

私の家でも猫を飼ってます。
13歳になるお爺さん猫で、とても大切な猫です。
私は家族の一員だと思ってますし、主人もそうです。

子供達も大切な存在ですが、猫も大切な存在です。
ころりさんの気持ちもよくわかります。

動物を飼ったことのない人からしたら、わからない感覚なのかもしれません。


けれどここで本音で言わせてもらうと、うちの娘はすぐに
ご飯がまずいの、勉強の教え方が悪いの、わがままで本当に困っています。ストレスで円形脱毛症になりました。

そんな唯一の癒しは、やはりうちの猫だったりします。
ですから、私にとっては猫の方が可愛いと思ってしまう時もあります。


ころりさんがご主人とワンちゃんと幸せに暮らしているのなら、それで十分ですよ。
毎日、子育てで悶々としている私からすると羨ましいです。

これからも応援してます。
お返事
皆さんコメントありがとうございます。
「これでいい」と強く思えるのは愛犬の事ぐらいでしょうか。
ココアさんが書かれているとおり、母に対してもそう思えたらいいのでしょうけど、なかなか。
この記事で全ての人に理解してもらうのは難しいのだろうと思います。
決してペットを心から擬人化したい訳ではありません。
ペットを子供のように可愛がる人達も、ちゃんとペットは人とは違うと分かっているんです、きっと。
それをわざわざ「子供と一緒じゃないでしょ」と言う事は必要なのかな?って思うんです。
私が「一緒」だと思うのは、愛するという事です。
子供への愛情とペットへの愛情に、どちらが重くてどちらが大きいなんて事はないと信じています。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントありがとうございます。お返事は気紛れとなりますが
それでも宜しければいつでも歓迎です。また申し訳ありませんが
こちらが不快だったり困るコメントは削除させて頂きますのでご了承下さい。

管理者のみに表示
« 最初で最後 | HOME | 言い訳 »