染み



朝目覚めると私の腕を枕にして愛犬がスヤスヤと眠っていた。
その顔を見ているだけで自然と私の顔も緩む。

そっと腕を動かし私がベッドから起き上がると、愛犬もピクッと反応し飛び起きる。
私は愛犬を抱いて部屋を出ようとした。

その時、ふと隣にある夫のベッドを見ると茶色い汚れが目についた。

ベッドの真ん中にベッタリと張り付いた汚物があり、時間が経ってしまったのか少し乾いていた。私はすぐに愛犬が嘔吐したのだと分かった。

一般的に犬は人に比べて嘔吐する事が多いと聞く。深刻な病気の場合もあるが、空腹時や食べ過ぎ、消化不良などの場合も犬は嘔吐する。うちの愛犬も時々そんな事があるので慣れているのだが、今回も愛犬の様子はとても元気そうで、心配する必要はなさそうだった。

それよりも気にすべきなのはベッドだ。
敷きパッドをめくり上げ、更にボックスシーツを外した。

しまった。
既にマットレスにまで汚れが染みてしまっている。
急いで固く絞ったタオルで叩いてみたが、一向に取れる気配はない。


私はネットで「染み抜き、ベッド」で検索した。

食器用洗剤をつける。
酸素系漂白剤をつける。
オキシドールをつける。
衣類用洗剤と歯ブラシでこする。

等々、色々な情報があったが、今一つどれも試す気になれなかった。
過去にもカーペットの染みなどで経験があるが、普通の洗剤だとどんどん泡立ってしまい、泡がなくなるまで拭き続けるのが大変だった。かといって漂白剤のような強いものを使用するのも躊躇する。出来ればもっと体に優しいもので染みが取れないものか?

すると、安全で優しい方法がネットで紹介されていた。

酢水をスプレーで吹き付け、その後タオルで拭き取る。それを何度も繰り返し、ある程度染みが薄くなったら、その上に重層を付けて3時間程置く。
最後にその重層を掃除機で吸い取り、軽く水拭きしたら完成。

私はこの方法を試す事にした。
まず酢水と拭き取りを繰り返す。するとそれだけでかなり薄くなった。
え~?ただの水拭きだと全く変わらなかったのに、これ程酢水に効果があるなんて。改めて酢の力に驚いた。

かなり薄くなった染みだが、更にその上に重層をのせる。
しばらく置いて掃除機で吸い取ると……。

凄い!染みが消えた!もうどこにその染みがあったのか分からない程真っ白になった。

テレビでよく見る家事の裏技でやっていそうな方法だが、こんな風にリアルに活用出来るとその知恵に感心する。

梅雨でカビてはいけないと思い、最後にドライヤーでその部分を乾かした。
スッキリと綺麗になったベッドに満足し、その上に両手を広げて寝転ぶと、待ってましたとばかりに愛犬が隣に飛び乗ってきて、再び私の腕を枕にして眠り始めた。





***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***


関連記事
Posted byころり

スポンサーリンク


よく読まれている記事