recent entry
05/19 (Fri)   オーガニック
05/17 (Wed)   サプリ感覚
05/14 (Sun)   私には子供がいるから
05/12 (Fri)   母の日
05/10 (Wed)   かかりつけ


オーガニック

2017/05/19 Fri 20:58

スポンサーリンク



白髪が気になる。

早い人では20代、30代の頃から染めていると言うが、私は40代になっても白髪が少なかった。しかしここ最近、急激に白髪が増えた。

白髪というのは全体的にチラリホラリと出始め、徐々に増えていくものだと思っていたが違った。

ある日目覚めて鏡を見たら、突然白髪がいっきに増えていた。それも一定の箇所に集中している。

白髪は頭皮の血行不良だとか、栄養不良だとか聞いた事があるが、私の年齢ともなれば仕方のない事。
それにしてもこの急激な増え方は、ストレスが関係しているのかも。

さすがにこれは白髪染めが必要だと思い始めた。

しかし私は年齢とともに、最近はオーガニックを求めるようになってきた。

以前はシャンプーの種類なんて気にしなかったし、パーマやヘアカラーも平気で繰り返していた。

だが数年前、どこかのサイトで「経皮毒」という言葉を知り、その中でも頭皮や性器は有害物質の吸収率が高いと書かれていた。

そこで気になるのがシャンプーやナプキン。


オーガニックシャンプーはどこにでも売っているが、どれが良いのか分からないし、何より価格が高い。低収入で節約生活をしている身としては、毎日使う製品が高くては続かない。

それで仕方なく今は、硫酸系シャンプーではない低価格商品を選ぶ事で妥協している。

ただ白髪染めはどうすればいいのか?

以前、美容師の人と話していたら、「パーマとカラーを比較すると、明らかにカラーの方が頭皮に悪いですね」と言っていた。

確かに、皮膚によりベッタリとつきそうなのはヘアカラーだ。

以前は市販品を使って自分で染めていたが、この経皮毒を知ってから自分で染めるのもやめるようになった。
自分でやろうとすると、どうしても皮膚に必要以上に液体をつけてしまう。

という事で、今後白髪染めを定期的にするとなると、1~2か月ぐらいのペースで美容室に通う事になるのかも。
ただでさえ苦手な場所なのに。

それにそんなに頻繁に白髪染めをして、本当に体に害がないのか気になってくる。
ネットで検索すると、ヘナで白髪染めしてくれる美容院なら安心だと勧めていたが……どうなのだろう?

オーガニックで落ち着いた雰囲気、こんな私でも行きやすい、そんな美容室を探している。


スポンサーリンク



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
* * * * ご訪問ありがとうございました。 * * * * 

体・健康 | トラックバック(0)

サプリ感覚

2017/05/17 Wed 22:12

スポンサーリンク




心療内科の通院日。

特に変化もなく話したいと思う事もない。

先日は精神的に不安定になり倒れてしまったし、
やはり病院のお世話になるべきなのかもしれないが、
変化もなく淡々と過ごしていると、もう薬を服用しなくていいのではないかと思えてくる。

まるで抗鬱剤をサプリのような感覚で
食後に服用するのが当たり前になってしまってるが、
よく考えればこれは抗鬱剤。

このまま長期間服用していていいのだろうか……と、不安にもなる。

しかし今回も医師は、

「このまま続けていきましょう」と言い、「減らしましょう」とは言わなかった。


よく、内科のお薬などを処方されても、
「そろそろ良くなってきたからお薬はやめていいわ」と、
自己判断で薬をやめる事も多いが、抗鬱剤はそれが出来ないのが辛い。
やはり医師の判断に従うべきであり、勝手に減らしたり断薬したりすると副作用が怖い。

それにしても、最近は心療内科を受診するのが面倒だ。
予約制なのに最近は待たされる事が多く、待合室は患者が溢れている。

今日は待合に老夫婦が座っていた。
どうやら女性の方が患者らしく、夫らしきその男性が付き添ってるようだった。

80代ぐらいのその夫婦。

その夫婦を見ていて思った。

私もこのまま終わりがこないのだろうか?
あの年齢までずっと心療内科と付き合い続ける事になるような気がする。

そう思うと気分が沈んだ。
抗鬱剤と完全に縁を切れる日がこないような気がして。



スポンサーリンク



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
* * * * ご訪問ありがとうございました。 * * * * 

体・健康

私には子供がいるから

2017/05/14 Sun 21:19

スポンサーリンク



あれだけ迷っていたがなんだか面倒臭くなり、結局義母への母の日は、義母が好きそうな和菓子やお寿司を持って行った。

しかし母の日でなくても、毎回実家を訪れる時には同じような食べ物を持って行くので、母の日という特別感はなくなってしまったが……いいかと。

案の定、義母は寿司などを渡してもいつもの事だという雰囲気で、それよりも

「もうこんな物買ってこなくていいのに」と言った。

そして

「こんな物にお金を使うぐらいならちゃんと貯金して。私達の介護にお金がかかるでしょうから」と続けた。

またか……。

このところ、何の会話をしても介護の話に結びつける。
更に、介護にかかる費用を私達が負担するのが当然だという言い方にグサリときた。

一緒にいた夫が、

「そんなの期待しないでよ。僕達だってギリギリの生活なんだから」と言ってくれた。

先日から何度か親の事で話し合い、私の気持ちは夫に伝えてある。夫とはなかなか介護に対する考え方が一致せず分かり合えないが、夫なりに親の前では私をフォローしなければと思ってくれたのだろう。


すると義母は息子に意見されたのが納得いかない様子で、口調を強めて言った。

「私は姑の介護をしっかりしたわよ!最後まで介護サービスなんて利用せずに全て自分で看ましたからね!」
「お金はなかったけど義理の親に文句ひとつ言わなかったわ!」

義母は興奮し過ぎて涙ぐんでいた。

母の涙を見て、夫は口を噤んだ。

私は義母の涙を見て心が冷めるのを感じた。
こんな風に感情をぶつけて泣ける人って幸せだと思う。
その感情を受け取る人の事を考えていない。

この先どうなるのか?
考えるだけで嫌だ嫌だという感情で押しつぶさそうになる。

しかし冷静になり客観的に義母を見ると、彼女も不安なのだろうと思う。
あれだけ「私の介護をしてね」と何度も確認しないと、自分を大切にしてくれる自信がないのではないだろうか?

夫は義母に言った。

「僕達には介護してくれる子供なんていないよ?でも自分で生きていくつもりだよ」

すると義母は言った。

「私には子供がいるからあなた達と一緒じゃない」

こんな事を親に言われても、夫は傷ついていないのだろうか。


スポンサーリンク



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
* * * * ご訪問ありがとうございました。 * * * * 

親・親戚
 | HOME | Next »