ココロのおうち。



スポンサーリンク

ハロウィン

-
ハロウィン。私が子供の頃にはハロウィンなんて外国の行事でしょ?という風だったが、今ではすっかり街も周囲の人達もハロウィン一色になっていて時代の違いを感じる。昨日の夕方、用があり出掛けたのだが、帰りの電車の中もさすがこの時期の休日というだけあって、ハロウィンの恰好をした若者がたくさん乗っていた。皆友人達と楽しそうに騒いでいる。すごく大掛かりな恰好をしている子もいた為に、周囲の普通の客には少々迷惑な気...

世渡り上手

-
派遣先にいる50代の新人パート。ある日の夕方、仕事を終えた私がエレベーターから降りると、少し前方にその女性が歩いていた。いつも私とは終業時間が違うのだが、今日は残業していたのだろか。スタスタと速く歩いてくれればいいのに、どうやら彼女は歩くのが遅いのか、同じ方向に歩いているとすぐに私が追いついてしまった。「お疲れ様です」私は声をかけた。特に仲良くなろうとしている訳ではないが、いつも一人でいる彼女が心の...

アレルギー

-
少し前から香りに癒されるようになった。玄関やトイレには芳香剤を置き、リビングではお香を焚き、浴槽には入浴剤を入れ、寝室ではアロマポットを使った。統一性がなく使用する素材はバラバラだが、香りは全てカモミールを選んだ。常に香りの中で暮らしていると、時々外に出て香りのない世界に行った時、とても味気なく感じる。物足りなくて落ち着かない感じ。香りの世界はふんわり何かに包まれているようにリラックス出来た。多分...

一匹狼さん

-
犬を連れて近所を歩いていると、近所の女性が子連れで歩いて来た。彼女は一匹狼さん。私と同時期にこの地域に引っ越して来たが、全く近所の人と馴染もうとしなかった。私が言えた立場ではないが、それにしても大人しくて仲間に入れないとか、子供がいないから会話が合わないとかの次元ではなく、「私は他人に興味がないのです」というオーラが全身から放たれていた。当然近所からは陰口を言われる。近所の人と仲良くはない私の耳に...

肉の大移動

-
ようやく涼しくなったかと思えば、また夏が戻ったかのような蒸し暑い日が続いたりで、着る洋服に悩む。ほぼ家にいるので普段はTシャツ&デニムが基本。寒ければその上からカーディガンを羽織るだけ。だが派遣の日は迷う。以前はスーツで通勤していたのだが、いつの頃からかオフィスカジュアルOKとなり、皆が脱スーツとなった為に私もそれに合わせている。これが面倒。まだ私は週に2日だからいいが、皆毎日違う洋服を考えている...

4つの鉢

-
一昨日の夜、一人リビングでパソコンを見ていると、家の裏の方から小さな声が聞こえた。ミャ~、ミャ~、ミャ~もしかして子猫?そう思ったが、外に見に行ったからといって私が飼える訳ではない。見てしまうと罪悪感をもつだけなので、ここは心を鬼にして気付かないフリをした。しかし声が止む様子はなく、それどころか一層声が大きくなってきた気がする。耳がそれに集中しているからだろうか。だが、しばらく聞いていると、声が一...

スポンサーリンク


よく読まれている記事