recent entry
07/18 (Tue)   悔し涙
07/17 (Mon)   体に残る薬
07/16 (Sun)   エステ
07/11 (Tue)   ギリギリ
07/09 (Sun)   自分勝手な話


ハロウィン

2016/10/31 Mon 21:51

スポンサーリンク



ハロウィン。

私が子供の頃にはハロウィンなんて外国の行事でしょ?という風だったが、今ではすっかり街も周囲の人達もハロウィン一色になっていて時代の違いを感じる。

昨日の夕方、用があり出掛けたのだが、帰りの電車の中もさすがこの時期の休日というだけあって、ハロウィンの恰好をした若者がたくさん乗っていた。皆友人達と楽しそうに騒いでいる。すごく大掛かりな恰好をしている子もいた為に、周囲の普通の客には少々迷惑な気もしたが、それも許されるぐらい彼女達は明るく楽しそうだった。

思わず関心する程完成度の高い恰好をしている子がいて、私は思わず凄いなぁとマジマジ見てしまった。
こんな年齢で言うのも変だが、私ももし若ければあんな仮装をしてみたいと思う。普段あり得ない姿に変身するなんて楽しそうだ。

私は座席に座っていたが、目の前にスタジオジプリで揃えた女子高生らしき子達がいた。
トトロ、魔女の宅急便、もののけ姫、借りぐらしのアリエッティ……上手く仮装していたので、一目でその仮装が何なのか分かった。

それにしても確かニュースでは皆公園や出先で着替える人が多いと言っていたが、帰りはこの姿のまま帰るのか?人目を気にしない若さって凄い。

そう思いながら見ていると、次の駅でジプリの彼女達のうち、3人が電車を降りて行った。

残されたのは魔女の宅急便のキキ、一人。

キキはさっきまで仲間達とキャッキャと騒いでいたのに、皆が去ってしまい一人残された途端、シュンと静かになった。
周囲の他の若者達は相変わらず騒いでいる為、キキの一人ぼっち感が目立って見えた。


そして5駅程過ぎたところで、私の降りる駅となった。
私が立ち上がってドアの前まで行くと、どうやらキキも降りる様子で、私のすぐ隣に立った。


駅から私の家まではしばらく住宅街を歩く。

私はそのまま踏切を渡り、住宅街への坂道を歩いた。
前を見ると、先程のキキが歩いている。私と同じ方向へ。もしかしてキキは近所の娘なのかもしれない。それも認識出来ない程、普段近所の子供の顔を覚えていないのが情けないが。

キキはまさにあのアニメの恰好のままだった。

黒いワンピースに赤く大きなリボン。肩からは茶色いバッグを下げ、何より目立つのが大きなホウキ。
あんなホウキ、どこで見つけたんだろう?インテリアになりそうなぐらい可愛く見えた。

その姿のままズンズンと住宅街を進む光景はさすがに違和感があった。

私は彼女の少し後ろをついて行くように歩いていた。
すると、前方の方から中高生ぐらいの男子生徒の集団が歩いてきた。

彼らは仮装しておらず、その恰好を見ると野球少年のようだ。

そして彼らがキキと近付いた時、男の子の一人が言った。

「ねぇねぇ、そのホウキで飛んで見せてよ」

その瞬間、一緒にいた少年達がワッ!と笑った。

キキは無視して数歩歩いたが、突然ダッと走り出した。真っ赤な顔をしているのか、泣いているのか、俯いていて顔は見えなかったが、その恥ずかしさと悔しさを背中に感じた。

「あれ~?飛んでくれないの~?ギャハハハッ」

冷やかす少年達の笑い声が住宅街に響いた。


何だか青春だなぁ。
そのキキである女子高生は嫌な気分だっただろうが、それがあと30年もすればきっと「あんな青春があったな」と思えるのだろう。
もうその年齢になったオバサンの私は、なんだかそれら全てが羨ましかった。


スポンサーリンク



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
* * * * ご訪問ありがとうございました。 * * * * 

生活 | コメント(0) | トラックバック(0)

上手い人

2016/10/27 Thu 20:44

スポンサーリンク



この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請


スポンサーリンク



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
* * * * ご訪問ありがとうございました。 * * * * 

仕事

アレルギー

2016/10/25 Tue 22:06

スポンサーリンク



少し前から香りに癒されるようになった。

玄関やトイレには芳香剤を置き、リビングではお香を焚き、浴槽には入浴剤を入れ、寝室ではアロマポットを使った。

統一性がなく使用する素材はバラバラだが、香りは全てカモミールを選んだ。丁度自宅の小さな花壇の植え替えの時期であり、その場所にもカモミールの種を撒こうかと思った程だが、調べるとアブラムシがつきやすいと知り踏みとどまった。

常に香りの中で暮らしていると、時々外に出て香りのない世界に行った時、とても味気なく感じる。物足りなくて落ち着かない感じ。

香りの世界はふんわり何かに包まれているようにリラックス出来た。
多分神経が香りに集中する事で、余計な事を考える余白がなくなるのかもしれない。


しかしある日、私は最近くしゃみがよく出る事に気付いた。
更に目が痒い。もしかして花粉症か?こんな時期に?そういえば今年は秋にも春の花粉が飛んでいると聞いた。きっとそれだ、と私は日が過ぎるのを待った。

だがしばらくすると、くしゃみどころか鼻水がズルズルと出てくるようになり、よく鼻が詰まるようになってきた。

うーん、花粉症だか鼻炎だか分からないが、今回は長引いているな……と思っていた。


それでも私は深く考えずに香りを楽しむ事は続けていた。
更に洗濯時には今まで使用していなかったのに、香り付きの柔軟剤を使うようになった。これで洋服を着ればどこにいても香りに包まれる。
同じようにハンドクリームやボディクリームも好みの香りを探すというハマリぶり。


そんなある日、お腹の辺りが強烈に痒くなってきた。
見てみると、虫刺されのように赤くプックリ膨れている。

ん?こんな季節に蚊に刺されてか?
最初はそう思ったが、よく見ると少し離れて点々と複数の赤い斑点になっている事に気付いた。
それにそれは蚊に刺された時のような丸い形ではなく、全て楕円形の赤い発疹だった。

その発疹はみるみるうちに広がり、あっと言う間に全身が赤いブツブツだらけになった。
それが猛烈に痒い。体が温まるとその痒さは堪らなく、夜寝る時には寒いが、毛布を被ると温かくて痒さに耐えられない為に、寒さと痒さの葛藤となった。


すぐに病院に行くと、「アレルギーでしょう」と言われた。

「最近何か変わった物に触れたり、変化はなかったですか?」と医師に聞かれてもすぐには分からなかった。

「布団やタオルを変えたとか、食事や化粧品、芳香剤や洗剤などで何か思い当たる事は……」と医師は言った。

……あります。
そう、そうです!

私はようやく気付いた。最近の香り生活が原因だ。その中のどれに反応したのかよく分からないが、それらが関係している事に間違いないだろう。特にこの発疹は皮膚に直接触れる柔軟剤が関係しているとしか思えない。
医師にもそう説明すると、「きっとそうですね」と言われ、とにかく今周りにある芳香剤関係を全て排除するようにと言われた。

そして今。
私は無臭の中で暮らしている。逆にアレルギーに対して過敏になり、空気清浄機をつけずにはいられない。

こうして私の香り生活は一瞬にして終わった。


スポンサーリンク



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
* * * * ご訪問ありがとうございました。 * * * * 

体・健康 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »