recent entry
09/20 (Wed)   置いてけぼり
09/18 (Mon)   号泣
09/14 (Thu)   葛藤
09/10 (Sun)   理解者
08/26 (Sat)   終わった人


あと少し

2016/09/30 Fri 20:29

スポンサーリンク



今日は実家の母の用事に付き合った。というか足代わりの運転手になっただけ。

なので実家まで母を送り届け、玄関先で「じゃあね」と帰ろとすると、「え?どうして?家に入っていきなさいよ!」と母に言われた。

話が長くなると鬱陶しいので、「夕方用事があるから……」と言ってみたものの、その言葉は母に届かず、母はさっさと奥の部屋に入ってしまった。

「早く玄関閉めて入ってよ。虫が入ると嫌だから」

大声で叫ぶ母の声を聞きながらため息をついた。
母はどこまで鈍いのか?それとも私の言葉が聞こえないフリをしているだけで、本当は私に傍にいて欲しいだけなのか?

部屋に入るといつもの様に母は一人で話し始め終わる気配がない。
私はほとんど話の内容は聞かず、適当に相槌だけ打っていた。

するとインターホンの音が。

「入るわよー」と言う声と共にドカドカと勝手に家に上がってきたのは佳子叔母さん。。母の幼馴染だ。家が近いので頻繁に来るらしく、いつも自分の家のように出入りしている。

「あら?ころりちゃん来ていたの?」と言いながら、佳子叔母さんはテーブルにあったおはぎを頬張った。

「ご無沙汰しています」と私が言うと、「その後、どうなのよ?」と唐突に聞かれた。

すぐに察したが「え?」ととぼけると、「子供よぉ~、早くお母さんに見せてあげてよぉ」と言った。

佳子叔母さんは悪い人ではない。人懐っこく誰とでも仲良くなれる人。裏表もない為に頭で思うより先に口から言葉が出ているんじゃないかとさえ思える。


ただ、子供に関しては昔から「女は子供を育てて一人前!」と言い切るような人だ。

私は佳子叔母さんの言葉を適当に流そうと思ったが、それより前に母が言葉を返した。

「あ・の・ね、今の時代は子育ても難しいからいない方が楽でいいのよ」

母特有のフォローの仕方。私をフォローしている様でいて、実際は母が自分にそう言い聞かせているように見える。子供のいない娘を持つ事で劣等感を感じたくない、自分の娘は正しい、母はそう思いたい人だから。

母の言い訳が極端で余計に負け犬の遠吠えのようだ。
「子供がいない方が楽でいい」なんて私は一度も思った事も言った事もないのに。

こんな私に子供がいても頼りない母親だっただろうと思うと、これで良かったのかもしれない……と思う事はあるが、それは「楽でいい」とは意味が違う。

佳子叔母さんはその後も「そんな事言っても一人も子供がいないなんて寂しいわよ」と一歩も引かず。

私が「年齢的にもう無理ですから」と墓穴を掘ってしまった為に、「そんな事はない!」と更に話が長引いてしまった。

あと少し。
こんな会話になるのもあと少し。
そう思って聞き流すよう努力している。


スポンサーリンク



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
* * * * ご訪問ありがとうございました。 * * * * 

子なし | コメント(3) | トラックバック(0)

牛耳る人

2016/09/28 Wed 11:12

スポンサーリンク



派遣先にいる新人の50代パート女性。相変わらず職場に馴染めずにいる様子。

私は時々しか会わないので日々どんな事が起きているのか分からないが、最初の頃より更に溝が深まっているように見える。

先輩パートの中にはその新人に厳しく接する人がいて、他のパート達もそれに従い新人に冷たくしたり無視したり……。

ある日私が出勤すると、その新人がそっと静かに寄って来て、「質問いいですか?」と仕事内容について質問された。

私は虐められている人を庇うような良い人ではないが、一緒に虐めるような協調性もない。
質問されれば親切に教えるが、彼女を逐一気にして自ら指導する程の情熱もない。

常に受け身なだけ。

新人に質問内容を説明していると、彼女は「これは昨日やった仕事なんですけど……」と、次から次へと過去にやった仕事の質問をしてきた。

きっと誰にも聞けず、聞いたとしても怒られるか無視されて、分からないまま困っていたのだろう。今までは私とその新人は席が離れている為にほとんど関わる事もなかったが、彼女は誰とも群れていない私になら聞けそうだと思ったのかもしれない。

私がその一つ一つの質問に答えていると、背後から強い口調が聞こえた。

「ちょっと!ころりさんの邪魔しないで下さい!!」

例の先輩パートが怖い顔をして立っていた。
新人が飛び上がるように書類をバッと私の手元から剥ぎ取り、「すみません」と萎縮した。


「私は別にいいですけど」と、私が先輩パートに言うと、「そういう訳にはいきませんよ!何の為に派遣さんにお願いしていると思ってるんですか?効率よく仕事をこなしてもらう為で、パートのくだらない質問に時間をかけてもらう為じゃありません!!」

なぜか私も怒られている気分。

「大体新人の指導は私がさせてもらっています。そこまで踏み込んで頂かなくても結構です。ころりさんはご自分の仕事をやって下さい!」と先輩パートは吐き出すように言うと、そのまま席に戻った。

新人パートも「すみません」と小さな声で私に謝ると、自分の席に戻った。

確かに先輩パートからすれば、自分を差し置いて席の離れた派遣の人に質問に行くなんて気が悪いかもしれない。新人女性がもっと世渡り上手ならそんな事はしなかったかも。

しかし「指導をしている」と堂々と言うのであれば、もっと新人に親切に出来ないものだろうか?私は時々しか様子を見ていないので、「あなたは詳しい事情は知らないでしょう?」と言われてしまいそうだし、もしかしたら新人にも落ち度があるのかもしれない。

だが私が見る限り、女性にありがちな虐めにしか見えない。

そもそも先輩と言えども所詮はパート。それなのにあそこまで牛耳っている事が理解出来ない。この様子を男性上司や女性社員も見ているが何も言わず関わらない。

そんなパート同士のいざこざなんて勝手にやってくれという感じ。

大人になり働くようになってから思った。
会社で働くという事は、仕事の出来は二の次で、いかに自己主張出来るか、世渡り上手に生きられるかが重要だと。


スポンサーリンク



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
* * * * ご訪問ありがとうございました。 * * * * 

仕事 | コメント(3) | トラックバック(0)

22→2

2016/09/26 Mon 18:17

スポンサーリンク



相変わらず眠れない日が続いている。
よく、健康の為には夜の22時から2時の間は必ず眠る事が大切だと聞く。だが私が眠くなるのはどう頑張っても2時以降なのだ。

生活サイクルを変えようと、眠くもないのに0時には頑張ってベッドに入ってみる。ベッドの上で何度も寝返りをうち、眠くなるのを待つが一向に眠くならない。
それどころかチッチッチという時計の音が気になり、どんどん目がさえるばかり。

ここでTVなどをつけてしまう時もあるが、ここ数日は頑張って暗闇で我慢した。
我慢する事2時間。長い。

ようやくボンヤリ眠くなり、このまま夢の世界(といっても悪夢だけど)に落ちられると思った瞬間、ガウガウという鳴き声で折角閉じかけた目が開いてしまう。

愛犬の鳴き声だ。

愛犬は21時頃から眠る。不思議なもので犬はなぜか時間が分かる。まるで時計を見ているかのように、毎日21時頃になるとうつらうつらとし始め、熟睡モードに入る。
揺り起こしても周囲でうるさくしても全く起きない。

そんな愛犬の目覚める時間が夜中の2時から3時頃なのだ。なんとタイミングの悪い子なのだろう。


愛犬は目覚めるとフワァ~と大きな伸びをして、水をガブガブ飲みトイレに行く。
既にそれらの音で私は眠れないのだが、その後愛犬は私の耳元に来て「クゥンクゥン」と甘えた声で鳴き始めるのだ。返事をしては思う壺だと思い無視していると、今度は「ワンワン」と吠え始める。これは近所迷惑だと思い、結局私は起き上がる。

すると愛犬は嬉しそうに尻尾を振りながら、ボールを銜えて持ってくる。
こんな夜中に遊べと言うのか?勘弁して欲しい。
これは無視するが、愛犬は無視された事を怒ってガウガウと言いながら一人ボールで遊ぶ。

よくTVでやっているペットの番組に出れば、間違いなく「問題犬」「ダメ飼い主」と言われてしまいそうだが、こんなに夜中に寝てくれなくなったのはごく最近のこと。

それまでは普通に朝まで眠ってくれていたのに理由が分からない。

とにかくそんなこんなで、気付けば朝の4時頃になり、愛犬がまた眠り始めた頃にやっと私も目を閉じる。

このまま昼頃まで寝ていたいところだが、朝のゴミ出し、雨戸開けが待っているので7時には必ず起きなければならない。

一度顔を洗ったり外に出てしまったりすると、すっかり目が覚めてしまい、またしばらく眠れない。かといって寝不足で頭はスッキリしない。ボーっとしたまま朝食をとる。

10時頃には通学の子供の声も聞こえなくなり、静かになったところでソファでうたた寝。

このまま夕方まで寝てしまいたい。

が、再び電話で起こされる。実家の母からだ。最近頻繁にかかってくる。

結局電話を切るともうお昼。
そのまま夕方まで寝てしまう。

こんな一日が多い。時々他人から「家で何やってるの?」と聞かれるが、こんな生活、とても他人には話せない。


スポンサーリンク



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
* * * * ご訪問ありがとうございました。 * * * * 

生活 | コメント(3) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »