recent entry
09/20 (Wed)   置いてけぼり
09/18 (Mon)   号泣
09/14 (Thu)   葛藤
09/10 (Sun)   理解者
08/26 (Sat)   終わった人


スポンサーリンク



今日の夕方珍しく外出したのだが、あちこちで浴衣姿の女性や子供を見かけた。

大きな公園近くを通ると「夏祭り」と書かれた看板が掲げられ、その後スーパーに寄ると周辺の道路に提灯がズラリと並び、自宅付近の学校や幼稚園の通学路は浴衣姿の家族連れが列をなして歩いていた。行く所々で同じような光景を目にする。

何なのだ?
示し合わせたようにどこの地域でも今日が祭りの日なのだろうか?

昔から夏が嫌いだが、結婚し新興住宅街に住みながらも子供がいない生活をしていると、夏祭りというものがどんどん嫌いになった。

何よりも近所で行われる夏祭りが毎年苦痛で堪らない。
大体一家庭より必ず一人参加するように強制するなんて、こんな地域だと知らずに住んでしまった事をどれ程後悔した事か。

越してきて間もない頃、まだ近所の様子も分からず正直に近所の主婦に言ってしまった事がある。

「子供がいないと何となく夏祭りとか参加し辛いですよね……」と。

その相手は60代の主婦で娘がいるが、娘は結婚して家を出ている。
なので「私だって子供がいないのは一緒じゃない!そんな陰気な事言ってないで参加しなきゃ!皆ともっと交流しなさい」と言われた。

いやいや、一緒じゃないんです。
その60代主婦からすれば、今は同居する娘がいないから「子供がいない」という同じ括りになるのかもしれないが、私にとっては同居する子がいるいないの違いより、親として子育てした事があるのか?という違いの方が大きい。

50代、60代で子供が既に家を出てしまっている主婦は多くいるが、皆昔から同じ小学校、中学校に子供を通わせ長い期間付き合いをしてきた関係だ。近所の子供の名前や性格までお互い把握しているような関係と、ママと呼ばれる人達と全く関わった事のない私とは違う。


実際、その60代の主婦はいつもどのイベントにも参加している様だが、常に同じ年代の「過去のママ友」と和気あいあいと過ごしている。

又、年齢問わず子育てをした親というのは皆、他人の子供への対応も上手いなぁと思う。私など子供が寄ってきただけでドギマギしてしまう。


それなのに、今年の夏祭りにもやはり私も参加するように言われている。
その上、私にレクグループに入るようにと言われた。

レクグループとは、その夏祭りの中心となり中央広場でゲームを行ったり子供と一緒に遊びましょう!というレクレーション担当する人達の事。

私は現在役員でも何でもない。なのになぜそこまでしなければならないのか?もし行くとしてもただ顔を出すだけでいいと思っていたのに。それも子供のいない私に子供と遊ぶ係を担当させるのはさすがに不自然ではないか?少なくとも私には苦痛でしかない。

「そこまではとても無理です」と私が言うと、「役員とか関係なく皆で楽しくやればいいじゃない」と言い、私が嫌だという気持ちが伝わらない。

いつも思う。
このママ達は皆こういうイベント、群れる事、親密になる事を楽しんでいるように見える。先日も自治会とは別に、「ママさん同士でお茶会グループを結成しませんか?」という回覧がきていた。

そこまでして?本当に皆そういうのが好きなの?

一方ネットの世界では人付き合いが苦手なママのつぶやきも見かける。
近所の主婦達はそんな素振りは一切ないが、もしかしてあの中にも実は苦手だと思いながら調子を合わせている人もいるのだろうか。

夏祭り。今後も好きになれそうにない。


スポンサーリンク



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
* * * * ご訪問ありがとうございました。 * * * * 

近所 | コメント(11) | トラックバック(0)

いつもの事

2016/07/29 Fri 21:24

スポンサーリンク



兄と久々に会った。
母と会うのも億劫だが、兄夫婦や兄の子供に会うのはもっと疲れる。

だが以前から私の母は兄と私をもっと交流させたがる。
実家に兄が帰省する時には必ず私に連絡がくる。
私は兄家族と母が勝手に仲良く楽しんでくれればそれでいいのに、その中に私を加えようとする母の想いが重い。

「お兄ちゃんも会いたいって言ってるし」

今回も母は電話でそう言っていたが、嘘に決まっている。
なぜなら兄は私と会ってもほとんど話さないから。嫌われているのか、興味がないのか、兄妹でありながら兄の考えている事が良く分からない。

以前は少し兄との距離を縮めようとこちらから積極的に話しかけてみた時期もあったが、私は元々話上手ではないし、兄の「別に」「そう」「だから?」という様な愛想のない返答だけでは話が続かない。何より兄の口調や表情に棘を感じる。一人で空回りしているのもバカらしくなり、その頃から兄と会うのは苦痛になった。

一度その気持ちを母に話した事もある。
あまりにも母が必死に兄妹を仲良くさせようとするものだから、「兄はそれを望んでいないでしょ」と説明したが、母は「そんな事ないわ。私とは何でも話すし」と言っていた。

そうなのだ。
ただの口下手で無口な兄、というのならまだ理解出来るが、兄は母とはよく会話する。
メール交換も時々しているというから驚きだ。長男として母の事を気にかけているだけだろうか。


だが私が兄にメールをしてもほとんど返事がない。
どうみても兄は私と仲良くなりたくはないのだろう。


そんな気不味い関係の兄と久々に会った。
兄嫁は私と正反対のタイプで体育会系のサッパリとしたタイプだ。最近始めたパートが楽しくて仕方がないと言う。甥や姪は、部活や勉強が忙しい年頃になり、兄家族は毎日が忙しくも充実しているのが伝わってきた。

兄本人もエリートと呼ばれる会社に勤め生活は安定している。

私とは大違いの人生。

母は嬉しそうにはしゃぎ、兄家族と母が話す様子を私はただ静かに聞いていた。
すると母は私に気を遣ったのか、「ころりも仕事頑張ってるのよ、ね?」と私に話を振ってきた。

「別に」と答えると、

兄が珍しく私に質問してきた。
「仕事って何の仕事?」

「前に話した仕事、まだ続けてるの」

昨年兄に会った時にも、時々今の派遣先に行っていると話した記憶があった。

すると兄は
「前にって……。今まで頻繁に仕事変わってるからどの仕事の事言ってるのか分からないけど」と言って鼻で笑った。

確かに兄から見れば私は会う度に職を転々としているような妹だろう。
私はそれ以上何も言わなかったが、その様子を見て何も感じない母にも失望した。

今の仕事を辞めたら「またか」「いつもの事」と言われるだけ。
それが分かっているからこの家族でいるのが重い。


スポンサーリンク



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
* * * * ご訪問ありがとうございました。 * * * * 

親・親戚 | コメント(4) | トラックバック(0)

ジェネリック

2016/07/25 Mon 20:01

スポンサーリンク



私がしばらく通おうと決めた心療内科は院外処方だ。
大抵の病院はそうだと思うが、病院のすぐ近くに薬局がある事が多い。歩いて行ける距離なので、多くの患者はその近くの薬局に処方箋を持って行くだろう。

だが今回の心療内科の隣にある薬局に行くのは躊躇した。

夫の友人が薬剤師として働いているのだ。
ただでさえ知人と会い挨拶をしたり会話するのは億劫だ。夫の友人ともなれば、愛想良くしなければとか色々と気を遣う。

その上私の持って行く処方箋に書かれた薬は抗鬱剤。
夫の知人は薬剤師として薬の説明はしてくれると思うが、その前後の会話は一体どんなものになるのか想像しづらい。

「ご無沙汰しています」「お元気でしたか?」「はい、そちらも?」

なんて会話を笑顔でするのは簡単だが、その手に受け取る薬が抗鬱剤なのに「元気です」と言うのも変なものだ。

この夫の知人は私が以前心を病んでいた時期がある事を知っている。
夫が時々会う時に軽く話したと言っていた。

だが当の本人の私がどんな顔をして会話すればいいのか……考え始めると会うのが面倒になってくる。

別に他の薬局に行けばいいわ。
そう思い、帰宅途中の近所の薬局に立ち寄った。

すると、その薬局では「このお薬は置いていません」と言われた。
そうか……。やはり病院横の薬局はその病院から処方されるであろう薬を多く揃えているが、受診した病院と全く離れた薬局だと在庫がない可能性が高いのだろう。


それも私が処方された薬は「ジェネリック」であった。
医師が「ジェネリックでも良ければ半額になります」と言ってくれた為、それでお願いした。

仕方なくその薬局を出ると、しばらくして後ろから先程の薬剤師が追いかけてきた。

「ありました!この先の薬局にあるらしいです!」

どうやらわざわざ近くの薬局にないか電話で問い合わせてくれたらしい。
助かりましたと礼を述べ、すぐにその薬局に向かった。

次の薬局で処方箋を渡すと、すんなりと受け取ってくれた。
先に電話で伝えてくれていたのでスムーズに事が運び、本当に助かったと私は安堵しつつ椅子に座り待った。

しばらくして名前を呼ばれた。
いざ薬を受け取ろうとした瞬間、見慣れた薬の名前が表示されていた。
ジェネリックではない。以前に服用していた先発医薬品であった。

折角医師がわざわざジェネリックで処方してくれたのにこれじゃ意味ないわ……。

「あの、ジェネリックの方じゃないんですか?」と私が聞くと、「あーそれはうちに在庫はないですね。というか、受診された医院の近くの薬局でない限り抗鬱剤のジェネリックまでは置いていないと思います」と言われた。

そうか。でもそれならそれで、せめて会計をする前に一言説明するべきではないだろうか?別に金額の問題ではなく、書いている処方と一応薬名が違うんだから。

と思ったが何も言わず笑顔で礼を言って薬局を出た。
黒い心は表面に出さない、いつもの私。

しかし困った。これではあの夫の友人がいる薬局に行くしかないのか。
次の通院が今から憂鬱だ。


スポンサーリンク



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
* * * * ご訪問ありがとうございました。 * * * * 

| コメント(3) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »