recent entry
07/18 (Tue)   悔し涙
07/17 (Mon)   体に残る薬
07/16 (Sun)   エステ
07/11 (Tue)   ギリギリ
07/09 (Sun)   自分勝手な話


水やり

2017/06/09 Fri 21:37

スポンサーリンク



家の小さな花壇に水をまいた。

春から秋にかけては花の手入れが必要になる。冬も花を植えてはいるが、手入れの簡単な花しか植えていないし、基本的に水やりは雨に任せておけば大丈夫。
だがこの季節になると、1日1回は水やりが必要で、もっと暑い季節になってくると、朝晩の水をあげる事もある。

花を育てる事は私にとって、癒しなのかストレスなのか……微妙なところだ。

綺麗に理想的に育てば癒しに感じるが、うまく育たなかったり枯れてしまった時にはイライラしてしまう。この完璧主義を少しでも緩めなければ。

そんな性格なので、朝起きた後には、自分の食事よりも花への水やりが気になる。
早くあげなくては、枯れてしまってはいけない。

だけど相変わらず起きるのが遅めな私。
本当はまだ人気の少ない早朝に水やりをしたいのだが、ついつい起きるのが遅くなり、朝の10時頃に水やりするので精一杯。

その日もそっと窓から外を確認し、近所の主婦が周囲に出ていないかを確認してから玄関を開けた。
もう十何年もこの地に住んでいるのに、未だにオドオドとこんな事をしている自分が情けない。

慌てて花壇に水をあげていると、背後でガチャという音がした。

しまった!近所の主婦が出てきてしまった。振り返るべきか……気付かぬフリをするべきか……。

と迷っていると、あちらから声をかけてきた。

「あら、お久しぶりですね」

私は今気付いたように振り返り、「あ、こんにちは」と笑顔を作った。


そのまま挨拶だけで終わるかと思ったら、その主婦は私の家まで近寄ってきて、「どんな花育てるのですか?」と話し始めた。

その主婦は近所の中ではまだ話しやすい人。
温厚でいて会話上手、誰からも好かれそうな羨ましい人。

私は滅多に会話しない近所の主婦に話しかけられてテンパってしまい、早口で次々と言葉を発した。楽しく話さなきゃ、沈黙で気まずくなってはいけない。そう思うとやたらテンションが高い変な人になってしまう。

だけどその主婦は優しく頷き、話を合わせて笑ってくれていた。

この人となら仲良くなれるかしら?心のどこかでそう思い始めた時、また別の近所の主婦が近寄ってきた。

「あれー?ころりさんとお話中?珍しいね!」
「あ!おはよう!そうそう、昨日はありがとう、助かったわ」
「いいのよ、お互い様じゃない。それよりバザーの担当の件だけどさぁ」

と、あっと言う間にその主婦達は学校や子供の話に夢中になった。
私はその場でどうしていればいいのか。立ち去ろうにもここは私の家の玄関先なのだ。

さらに運の悪い事に、また別の主婦が自転車に乗って通り過ぎようとし、また同じように足を止めて会話に入ってきた。
その主婦は私は見た事もない人だったが、他の二人の主婦はママ友らしく、「いつもの仲間」的な空気を発していた。

とても居づらかった。最後に入ってきた主婦に至っては、私に挨拶もなく顔さえ見ない。私も自分から挨拶する勇気がなかった。彼女達の出来上がった輪に入れないし、学校の話題で夢中なのに、私に何が言えるだろう。

たまらず、「それじゃ、私は」と言い、家の中に逃げ込んだ。

彼女達は何と思っただろう?感じが悪かっただろうか?でもあの場に黙って立っている方が目障りに思えた。

やはり玄関を開けるのは緊張する。
出来るだけ早起きして誰もいない静かな朝に水やりをやりたい。


スポンサーリンク



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
* * * * ご訪問ありがとうございました。 * * * * 

近所

引きこもり

2017/03/14 Tue 20:29

スポンサーリンク



買い物から帰宅すると、隣の家の主婦の姿が見えた。

ボスタイプの苦手なその主婦。

出来るだけ会わないように、避けるようにと過ごしていたら、何年も会話せずに過ぎてしまった。前回会話したのはいつだったのか思い出せない。

この日も避けたいと思ったが、既に相手の視界に入ってしまっていたので、今更歩調を緩める事も隠れる事も出来なかった。

近付くと相手も気が付き、

「あら!お久しぶり」と顔を上げた。


「お久しぶりですね」と私も出来るだけ自然な笑顔を向けた。挨拶だけで終わりますように。

「えー!ちょっとかなり長い間見かけなかったけど、元気だったぁ?」と私の期待に反して隣の主婦は本腰で話し始めた。彼女は手に持っていたガーデニングのスコップを土の上に置き、手に付けていたグローブを外した。

これは長くなりそうだ。

私の心はモヤッとしたが、何年も顔さえ合わせなかったのだ、この場は近所付き合いをしておくべきだろう、と私も買い物袋を玄関ポーチに置いた。

「元気ですよー、変わりなく」と私が答えると、

「心配してたのよ、ころりさん、体調が悪いらしいって聞いたから」とその主婦は言った。


何だ?そんな噂があったのか?

「そんな事ないですよ。元気元気!」と私はわざと明るい声で言った。

するとその主婦は

「良かったー。このまま引きこもっていたら大丈夫かな?って心配してたのよ。外に出られるようになったのね」と言った。



ズキズキッ。

何だ何だ?引きこもっていたら?外に出られるようになった?
私は皆にどんな風に見られていたのだろう。

確かに私はほとんど家に居るから誰から見ても「引きこもり」なのかもしれないが、こうも面と向かって引きこもっている事を言われてしまうとダメなレッテルを貼られた気分になる。

これも被害妄想なのだろうか?
相手は本当に心配してくれていたのかもしれないが、引きこもりの私は「引きこもり」と言われる事に傷つく。

それが悪い事だと思っているから。

その証拠に、その後主婦は続けた。

「じゃあ今は働いてるの?」


「まぁ、少しだけ……時々ね」と私が答えると、

「今のうちにもっと稼がなきゃ勿体ないわよ。引きこもっていた分取り戻さなきゃね!」と言って笑った。

悪気はないように見える。

だけどその会話からようやく解放された時、心がズーンと重くなっている自分がいた。



>前回記事へのコメントSさんへ
確かに前回の記事に「私も同じです」と共感して下さった方々がおられました。
子無しだとか、似たような環境だと同じように感じる方もいると分かって
少し慰められます。だけどその人達同士が身近で協力し合える訳でもないので
私だけじゃない、という気持ちだけが支えですよね。

スポンサーリンク



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
* * * * ご訪問ありがとうございました。 * * * * 

近所

そんな事ぐらい

2017/01/04 Wed 22:01

スポンサーリンク




先日、初詣から帰宅し玄関の前まで来た時、

近所の主婦達が5人程で立ち話をしていた。


しまった、間の悪い時に来てしまった。

正月から井戸端会議をしている主婦達の姿に私はウンザリした。

正月だし新年の挨拶をした方がいいだろうか……

迷ったが、彼女達は会話に夢中だし、

うちの玄関からは少し離れた所に立っていた。


会釈するだけでいいだろう、

わざわざあの円陣の中に入っていく事もない。

そう思い私は会釈した後玄関を開けた。

すると後ろから来ていた夫が玄関には入らず、

その主婦達の円陣に近付いて行った。

そして、

「明けましておめでとうございます!今年も宜しくお願いします!」

と挨拶しているではないか。


私は慌てて夫の後ろに続いた。


後で夫に聞くと、

「別に近くにいたら挨拶しておく方が気持ちいいだろ?」

「深く考える事ないよ、そんな事ぐらい」と言った。

これが普通の人。常識だろう。

だが「そんな事ぐらい」を負担に感じ、

逃げようとする、避けようとするこんな私だから、

結局はいつまでも孤独なのだと思った。


いまの孤独は自分が作ったもの。

だけど人と関わると辛くなる自分がいる今、

孤独を選び続けてしまう。



スポンサーリンク



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
* * * * ご訪問ありがとうございました。 * * * * 

近所 | コメント(7) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »