ココロのおうち。




スポンサーリンク
スポンサーリンク

誰もいない住宅街

-
久しぶりに安定剤を服用した。眠れない時や精神的に不安定になったら、早めに服用するようにと医師は言うが、癖になりたくなくてつい我慢してしまう。しかしいざ服用してみると、やはり眠りの深さが違う。こんなにぐっすり眠ったのは久しぶり。途中で何度も目覚めたのだが、それでも次の瞬間には眠りに落ちた。朝になり起き上がってみると、頭がスッキリしていた。目の重さや吐き気も無い。カーテンを開けると良い天気で、いつもな...

迷惑をかけてもいい人

-
近所で同じ班の主婦から電話がかかってきた。すぐ近所、目と鼻の先に住んでいるのに。今まで電話などかかってきた事は無く、挨拶程度であまり会話をした事もない。「ころりさん、ちょっとお願いしたい事があるんだけど…今から行ってもいいですか?」そう言われてかなり身構えた。いつも近所の人が突然家に来る事にビクビクして暮らしている。事前に分かっていれば少しは気が楽なのに…そんな風に想像していたが実際は違った。事前の...

憎むなら家主を

-
「ニャ~オ、ニャ~オ」夜になると窓の外から猫の鳴き声が聞こえる。そろそろそんな時期なのか……猫の発情期。いつまでも鳴き続けるその猫の声に、愛犬が反応し吠え始めた。うちの近所には野良猫が多い。特に最近増えてきたように思う。というのも、同じ自治会の区域内に、猫屋敷があるのだ。いつからそこが猫屋敷になったのかは知らない。いつの間にか、本当に気付けばそこは猫屋敷になっていた。中古物件で売りに出ていたその家に...

小さな犯人

-
――前回(▶荒らされた花壇)の続き。私は怖くなり夫に相談した。すると夫は「くだらない事をする人がいるんだな!」と、予想以上に怒り、「自治会に報告して注意してもらおう」と言い始めた。「やめて!そんな事したら余計に問題が大きくなるわ」私は焦って夫に言った。しかし夫は、「いつも泣き寝入りするその性格だから相手に付け入られるんだ」と言う。しまった。夫に相談したのが間違いだった。夫は温厚な性格だと思うが、こう...

荒らされた花壇

-
小さな花壇に花が咲き始めている。少し前までは沢山の蕾だったが、ここ最近になり次々と花が開き始めた。しかしある日その花壇を見ると、まるで小動物に荒らされたかのような掘った跡があり、折角咲いたばかりの花が全て引き抜かれていた。荒らされているだけなら猫などの仕業だと思えたかもしれない。しかしその花壇の前に散らばっている引き抜かれた花を見ると、どう考えても人間の手によるものだと思った。私の家は花壇のある場...

原因不明の無視

-
この地に住み何年も犬の散歩をしていると、同じように犬の散歩をしている人達と挨拶を交わすようになった。特別仲良くなる訳ではない。互いに名前も知らないし、ただ「こんにちは」と挨拶するだけだ。皆散歩する時間帯は決まっている。毎日同じ人と顔を合わす事になり、時には犬同士も匂いを嗅ぎあう為に、自然と互いの顔を覚え挨拶するようになるのだ。だが一人、絶対に私と挨拶をしない主婦がいる。以前にも書いたような気がする...

スポンサーリンク


よく読まれている記事