ココロのおうち。



スポンサーリンク

***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ


子供がいるから頑張れる

-
遅れて出勤した一人のパート主婦が、そのニュースを皆に知らせた。堀ちえみさんのニュース。「可哀想よね」「大変だと思うわ」昼休憩に集まった女性達はその話題で持ち切り。堀ちえみさんと近い年代の女性が多い為、皆他人事ではない。私もその一人。もし自分だったら立ち向かえるか?とても自信がない。だが堀ちえみさんは前向きで強く、本当に心から尊敬する。女性達が言った。「何より子供さんの事を思うと涙が出るわ」「でも子...

気にされない気楽さ

-
久しぶりにパートに出勤した。以前は私の指定席があったが、すっかりよそ者の私にはデスクが無い。「今日はどこに座ればいいですか?」出勤後、まずその確認から始まる。「あ、坂口さんの机を使って下さい」そう言われ、その日は坂口さんのデスクに座る事になった。坂口さんとは1日5時間程度勤務しているパート主婦だ。しかし平日は毎日出勤しているはず。デスクが空いているなんて、もしかして退職した?最初はそう思ったが、デス...

子なし主婦の三連休

-
近所の家族連れが帰宅した音が聞こえた。どこかに遠出していたのか、連休の間は姿を見かけなかった。車を駐車する音。荷物を運ぶ音。子供が走り親が注意している声。一気に日常が戻ったと実感した。子なし夫婦の三連休。「夫婦で旅行に行けるからいいわね」「豪華なディナーでも食べに行くの?」いつも連休の前にはよくそんな事を聞かれた。だが旅行もディナーも無い。それどころか最近では夫が休みの日でも一緒に過ごす時間が減っ...

一人より二人

-
義父の眼科への通院に付き添った時の事。入口から患者が入って来た。80歳は超えているであろう老人女性。85歳ぐらいか。杖をつき、ゆっくりとした歩調で歩いている。その背後には、同年代と思われる老人女性が一緒にいた。こちらも80歳にはなっていそう。その老人二人は手を繋いで受付まで向かった。「すみません、私、初めて受診するのですが」年上の方の老人が言った。耳は遠そうだが、口調はしっかりしている。様子を見ていると...

孤独老人の預貯金管理

-
親の通帳を管理しているという話を聞いてから、私は自分の老後はどうなるのだろう……と不安になった。(→嫁に財布を預けられる?)今まで老後の心配と言えば、身体介護の事ばかり考えていたが、家計の管理はいつまで自分で出来るのだろうか。今はそんな管理まで出来なくなる事が想像出来ず実感がないが、他人の話を聞いてみて初めて、なるほどそういう事も考えねばならないのか……と新たな心配が増えた。実際子に任せるかどうかは別...

生きているのが怖くなる

-
義父母と関わる事が多くなり、以前は漠然としていた「老後」というものが、最近は身近に感じるようになった。歩くのが遅くなり、ちょっとした事も時間がかかる。家電の使い方もよく分からず、車の運転も出来なくなる。気持ちに体が付いてこなくなり、精神的にはまだまだ自意識が高いのに行動が伴わない。特に義母はすぐに不安を口にする。「夜に年寄りだけだと不安だわ」「もし急に倒れたらどうしようかしら」会う度に義母の「老い...

スポンサーリンク


よく読まれている記事