スポンサーリンク

バブル世代、スマホ世代

-
先日、以前の職場に行った時の事。(▶グダグダな一日)本当に私が行く意味があったのか――疑問は残ったものの、一通りレクチャーを終え、ようやく帰る事が出来ると思ったその時、奥さんから言われた。「ころりさん、この後食事を用意しているから、もう少し時間いいかしら?」「そんな…お気遣いなく、私はもう失礼しますので…」慌てて断ろうとしたが、奥さんは「店も予約しているし、社長も楽しみにしているの。お願い」と言い、私...

私の価値

-
――前回の続き。「ころりさん懐かしいわ。お元気ですか?」「はい、皆さんもお元気ですか?」しばらくお決まりの挨拶を交わし、そのうち奥さんが私に言った。「ころりさん、今どこかにお勤めですか?」その瞬間、私はこの電話は仕事への誘いかと思った。「うちの会社に復帰しませんか?」そんな誘いなのかと。「いえ…あの、まぁ在宅で少し働いていますが…」どう答えて良いのか分からずしどろもどろ。答えながらも、頭の中で考えた。...

いい人ぶる癖

-
以前にも増してパートに行く日は気が重い。以前にも増して私の居場所が無いように感じるから。毎回行く度に座るべき場所が変わる。たったそれだけの事だが、地味にこれが精神的に疲れる。「今日はどこに座ればいいですか?」毎回聞かなければいけない。黙って自分の席に座る事が出来た以前の状態がどれだけ楽だったのか思い知る。今日も朝からそんな憂鬱な気分で指示された席に座った。出勤するのはやめて、在宅勤務だけにしてもら...

やめられない義理チョコ

-
スマホが鳴った。見ると意外な人からの電話。それはパート先の酒家さんだった。私は以前から彼女が苦手だ。今まで私と酒家さんは、パート先での勤務形態が似ているからと言い、何かと一緒にされる事が多かった。一つの部屋で二人きりで働いていた時期もある。その為関わる事も多かったが、今では彼女は契約社員となり、私の方は以前より会社に行く日が減った。これで関わる事はほとんど無くなると期待していたのに。電話に出ると酒...

よそ者の私

-
上司の計らいにより、在宅で仕事をさせてもらえるようになり、職場に行く日がさらに減った。メールや電話で連絡を取り合う事はあるが、職場に行くのは週に1回あるかどうか……という程度。元々週2回しか行っていなかったので、こうして書くと大差はないように見えるが、実感としてはかなり変わった。週に1回程度しか行かない職場、それはもう完全にお邪魔します状態。疎外感が半端ない。座る席さえ、行く度に場所が変わっているよう...

在宅ワークが向く人、向かない人

-
先日、初めて職場の仕事を持ち帰り、在宅で仕事をした。上司の計らいで、出勤不足の分を在宅で働けるのは経済的にとても助かる。(→上司からの呼び出し)元々、人と接するのが苦手な私。このブログでも、「在宅ワークをお勧めします」というコメントを度々頂いた。私も、在宅ワークなら人と関わる事がなく、自由な時間に働く事が出来て自分に合っていると思っていた。だが先日、今まで会社でやっていた仕事を家でしていると、凄く...

スポンサーリンク


よく読まれている記事