ココロのおうち。



スポンサーリンク

***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ


愛犬がいなくなったら

-
「愛犬が最近亡くなりました」そんなコメントを複数の人から頂いた。多分このブログを読んで下さっている方々は、私と同年代の方が多い。又、環境も似ている方が多いらしく、子なし、友なし、引きこもり……そして唯一の癒しが愛犬という点が、共通している。子供が出来ずに犬を飼い始める人は多い。そしてそろそろその犬が老犬となる時期だ。「まだショックから立ち直れずにいます」そんなコメントを読むとこちらの胸も苦しくなる。...

100%の介護

-
愛犬がまた一つ歳をとった。小さい頃には犬の誕生日が嬉しくて夫と一緒に祝ったりした。だが老犬になってくると、誕生日が来る度に別れが近づいている事を実感し落ち込む。愛犬は心臓に持病があり、今では足腰も弱り吠える事も少なくなった。いつも静かに寝ているだけだ。今後親の介護も徐々に必要になってくるであろうが、その前に愛犬の介護が必要になるのでは……最近それが気になっている。ネットで調べると、犬とはいえ家族。今...

待ち続けた電話

-
犬の調子が悪く、定期的に通院している。何か大きな病気というよりは、老犬なのであちこちガタがきており、「年齢的に仕方がないですね」と言われる。なので少しでも症状が軽くなるように薬を服用したり対症療法のみ。最近は合う薬が見つかり、定期的にその薬を受け取りに行く。ただ、その薬はその病院に在庫を置いておらず、うちの愛犬の為だけに取り寄せてもらっている。なので毎回、手持ちの薬が減ってくると私は病院に電話をし...

地域医療連携

-
「犬は皆放っておいて欲しい」獣医師にそう言われ、私は言葉が出なかった。そうなのか。だがこのまま放っておく事は私自身が辛い。耐えられるだろうか。迷っていると、獣医師は続けて、「でも私はまだ出来る治療が残されているなら、何でもやりたいですけどね」と言って笑った。そして「だって今のまま放っておくのも辛いですから」と、私の心を代弁するかのように言った。私は検査と治療をお願いする事にした。愛犬には負担がかか...

まさかの食いつき

-
私は黒い物体、Gが苦手だ。この年齢になるまで、まともに戦った事もない。いつも夫任せ。一人の時には汗だくになりながら逃げる。何年か前から、駆除用の薬剤は家の中ではなく、屋外に置くようにした。家の中に置くと、その匂いでGを呼び寄せるような気がするからだ。だが結果……屋外に置くと、外のGを圧倒的に呼び寄せる。これは失敗だった。やはり一般的な方法で――家の中に置く事にしよう。いつもなら2月から3月頃までには対...

人間よりずっといい

-
相変わらず愛犬の体調が悪く、ほとんど眠れない。眠れる事があっても2時間程度で起こされる為、熟睡した気がしない。どちらかと言えば朝方は少し落ち着く為、昼頃までベッドで寝ていたいのだが、ゴミ出しがある。着替えをし、軽く髪型を整えてゴミ捨を捨てに行き、戻ってから一息つく。するともう二度寝出来ない。頭はガンガンし、目の奥がズキズキ痛むのだが、頭が冴えてしまい眠れそうもない。そんな毎日。この寝不足はいつまで...

スポンサーリンク


よく読まれている記事