ココロのおうち。



スポンサーリンク

40代で生命保険の見直し

-
「早く考えなくては」ずっと気になっているものの放置しているのが生命保険。書き換えたいと思いつつ、複雑な契約条件を調べるのが億劫でついつい後回しになり、気付けば何年も過ぎている。皆どんな保険に入っているのだろう?他人の貯蓄や保険の事については気になるが直接聞く訳にもいかない。時々パート先などでそんな話題をしているのを見かけるが、皆が互いに探り合いながら会話しているので、具体的にどんな保険に加入してい...

宝くじに当選

-
宝くじに当選した。嘘でしょ?まさかそんなはずはない。パソコンの画面を見つめ、何度もその手に持った宝くじの番号を確認した。何度確認しても合っている。信じられないが突然大金を手にしてしまった。当選金額はなんと1億円。胸がドキドキし、手が震えていた。夫に報告するべきか?本来はするべきだろう。だが夫がこの事実を知ってしまえば、すぐに仕事を辞め、今後働く事はないように思う。私はたとえ大金を手に入れても夫には...

ねんきん定期便

-
「たったこれだけ?」夫が驚きと落胆の声を出した。「……少ないよね」見ないフリ、気にしないフリをしていた私だが、その声を聞いて改めてその少なさを実感させられた。夫が手にしていたのは「ねんきん定期便」。不定期に送られてくるのかと思っていたが、実は誕生月に送られているらしい。気付かなかった。送られてきた時には一応開いて確認するが、すぐ閉じた。深く考えないでおこう。忘れてしまいたい。将来への不安が膨らむだけ...

節分祭

-
今日は自治会で節分祭が行われた。近くの公民館を貸し切り、近所の親子達が集まる。毎年行われている訳ではなく、昨年も話が持ち上がっていたようだが実行に至らず、「今年こそは日曜日だからやりましょう」と役員達が決めたらしい。これこそ子の為の行事。子なし主婦の欠席を許して欲しい。そう思っていたが、出欠を確認に来た班長に、「中井さんも無理して出席してくれるらしいから、ころりさんも」と言われた。その中井さんとは...

嫁が言うから

-
掃除機を買う為、義母を連れて家電量販店に行く事になった。足が悪く歩くのが遅い義母。広い量販店に連れていくのは正直気が重く、私は言った。「私一人で買って来ましょうか?事前にカタログを貰ってきて決めましょう」だが義母は「自分も行く」と言い譲らない。「ころりさんが使うのだから、自分の好きなものを選んで下さいよ」と言っていたあの言葉は本当に何だったか……。自分で見て決めないと気が済まないのだ。→嫁の決定権家...

募金するよりランチが大切

-
パート先で、休憩中に悪口が始まった。悪口の主は興奮気味に話し続けている。それを聞く皆も大袈裟に、「えー?嘘ー!信じられない」と、その悪口の主を満足させる反応を見せた。悪口の主は長年勤めるベテランで、皆から一目置かれる古株。自己主張が強く、感情の起伏が激しいタイプなので以前から私は苦手だ。悪口の的となっているのは、40代のパート主婦で、その日は休日のようだった。「私がランチに誘ったのに、お金が無いから...

スポンサーリンク


よく読まれている記事