ココロのおうち。

鬱々とした子なし主婦。日々のココロの声を言葉にします。



スポンサーリンク

***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ


私が羨ましい?

-
義父母の家で久々に義妹と会った。義妹は本当に滅多に実家に顔を出さない娘だ。そして義母もそれを望んでいる風には見えない。その母娘関係は冷めているように見えるが、それが私には羨ましかったりする。この日は義妹と少し話した。義姉の事だ。「お義姉さん、元気なのかな」私がそう義妹に聞くと、「さぁ…出て行った人なんだからどうでもいいわ」と返ってきた。そして義妹にしては珍しく、「兄が可哀想よ」と、上の兄を思う感情...

子供がいるから頑張れる

-
遅れて出勤した一人のパート主婦が、そのニュースを皆に知らせた。堀ちえみさんのニュース。「可哀想よね」「大変だと思うわ」昼休憩に集まった女性達はその話題で持ち切り。堀ちえみさんと近い年代の女性が多い為、皆他人事ではない。私もその一人。もし自分だったら立ち向かえるか?とても自信がない。だが堀ちえみさんは前向きで強く、本当に心から尊敬する。女性達が言った。「何より子供さんの事を思うと涙が出るわ」「でも子...

他人は悪で自分だけが正義

-
「人付き合いが苦手」なんて、自分を擁護した表現であり、結局は自分のキャパが狭いだけではないか……最近自分の事をそう思う。自分と少しでも違うものを受け入れられない。他人の意見を聞く余裕がない。自分に自信がないと言いながらも、絶対に他人を内側に入れないその強情さは、結局は自分が正義だと思っている証拠ではないのだろうか。他人は悪で自分だけが正義。そんな頭の固い考え方に、年々拍車がかかっているような気がする...

罰当たりな嫁

-
義母に仏壇用の花を買ってきて欲しいと頼まれた。義母は仏壇の花を欠かさない。それも花立は一つではなく、仏壇内に二つ、両脇に中サイズの花瓶が二つ、さらに床には大きな花瓶が二つと、計6個も花瓶がある事になる。それで義母は、「花代がかかる」と愚痴る事がある。「花瓶を減らしては?」私がそう言うと、「そんな事をしたらご先祖に申し訳ない、罰当たりよ」と言う。だが経済的に余裕が無く、私達にも「お金が無くなったら助...

鬱憤晴らしの相手

-
パート先の酒家さんから電話がかかってきた。スマホの画面に表示されたその名前を見た瞬間、胃がギュッと痛くなった。何だろう。頼まれていたバレンタインデーのチョコは先日会った時に渡した。それに問題があったのだろうか。胸がザワザワしたまま電話に出た。「あ、ころりさん?私」その口調はまるで昔からの旧友のようだ。なぜか機嫌が良く、顔は見えないがいつものように毛先をいじりながら少し首を傾げた酒家さんが目に浮かん...

スポンサーリンク


よく読まれている記事